IBM Spectrum Discover

概要

AIの編成を簡素化して、ファイルとオブジェクトのデータを容易に識別、準備、最適化し、ビジネスと運用の結果をより早くもたらします。 ワンクリックで簡単に統合されるIBM Watson Knowledge CatalogとIBM Cloud Pak™ for Dataを活用することで、さらなる価値と洞察を獲得できます。 未編成データは、重複データと同様、管理と維持にコストがかかったり、データ・ガバナンスのコストが増大し、組織にセキュリティー・リスクがもたらされたりします。 強力な取り込み、データ・マッピング、可視化、およびデータ・アクティベーションの各機能を備えたIBM Spectrum Discoverは、最適化され、成功を収めるAIインフラストラクチャーを作成するために不可欠です。

メリット

時間の節約

メタデータを作成時に取り込むことで、非構造化データのカタログを自動化します。 IBM Spectrum Discoverは、IBMおよびその他のベンダーの複数のファイル・ストレージ・システムとオブジェクト・ストレージ・システムをサポートします。

生産性を向上

システム・メタデータをカスタム・タグと結合することで、包括的な洞察を得られるようになり、ストレージ管理者および大規模データ・リポジトリーへの洞察を必要とする利用者の生産性が向上します。

容易な統合

Action Agent API、カスタム・タグ、ポリシー・ベースのワークフローによる拡張性を活用して、より詳細なコンテンツ検査を編成し、AI、機械学習、分析ワークフローのデータを有効化します。

IBM Spectrum Discoverの主要な機能

新着情報! IBM Cloud Pak for Dataへの統合

製品ページに移動

ワンクリックでエクスポートするだけで、IBM Spectrum Discoverで編成されたメタデータをIBM Watson Knowledge Catalogと簡単に統合できます。 データ・ユーザーはその後、 IBM Cloud Pak for DataとIBM AIのソリューションを使用して、エンタープライズ・ファイルおよびオブジェクト・データを活用できます。

新着情報! よりきめ細かくデータを最適化

IBM Spectrum Discoverには、定義されたデータ・ポリシーに基づいてデータの容量とデータの場所を最適化するのに役立つ、新しいポリシー・エンジンが搭載されています。 この機能の最初のリリースでは、よりきめ細かな容量の最適化を実現するために、Spectrum Discoverで定義されたデータとカスタム・タグを使用してIBM Spectrum Scaleの容量が最適化されます。

異機種混合のファイル・ストレージとオブジェクト・ストレージのサポート

IBM Spectrum Scale、IBM Cloud Object Storage、IBM Spectrum Protect、Red Hat Ceph Storage、Dell-EMC Isilon、NetApp、Amazon S3、Windows SMなど、IBMと他社、双方のストレージ・システムをオンプレミスおよびクラウドでサポートします。

データ分類のためのポリシー・ベースのメタデータのタグ付け

IBM Spectrum Discoverは、ソース・ストレージ・システムからのシステム・メタデータの自動取り込み、検索結果からのカスタム・メタデータの作成、ファイルのヘッダーとコンテンツからのキーワード・メタデータの抽出(Action Agent APIを使用)を可能にします。 その結果、一元化されたソリューションに管理されるファイルとオブジェクトのメタデータの豊富な層が完成します。

ダッシュボードおよびカスタマイズ可能なレポート作成

ダッシュボードには、ユーザー環境が一目で分かるように表示されます。 ユーザーに表示される情報と表示されない情報は、役割ベースのアクセス制御により判別されます。 ダッシュボードには、登録済みのストレージ・システムの容量と使用量の比較や、重複している可能性のあるファイルについての情報を表示できます。 追加のレコード詳細を必要とするユーザー向けに、IBM Spectrum Discoverにはカスタマイズ可能なレポート機能が用意されています。 要約レポートと詳細レポートの両方を生成できます。

再スキャンなしでの継続的なメタデータの取り込み

IBM Cloud Object Storage、IBM Spectrum Scale、またはRed Hat Ceph Storageと一緒に使用する場合、このソフトウェアによりメタデータの取り込みが継続的に行われます。組み込みのコネクターにより、IBMのストレージ・システムおよびRed Hatのストレージ・システムと統合されます。ライブ・イベント通知機能により、継続的なメタデータの取り込みが自動化されます。 メタデータの索引付け機能により、迅速なデータの照会が可能になります。 お客様は、1秒当たり最大30,000件のレコード、1日8時間で最大10億件のファイルをスキャンできます。

高速検索によりデータ資産の迅速な検出を実現

メタデータ管理ソフトウェアには、検索バーと詳細検索ペインの両方が用意されており、これらを使用して、索引付けされたレコードのサブセットを素早く検索できます。 検索結果は表形式で示され、検索条件と一致する情報も表示されます。 ユーザーが確認できる内容は、役割ベースのアクセス制御によって決定されます。

コンテンツ・ベースのタグ付けと検索

サポート対象のファイル・タイプのコンテンツ内で検出される、ユーザーが定義可能なキーワードのオカレンスに基づいて、カスタムのメタデータ・タグを適用してから、これらのタグを使用して、低遅延の検索により該当のデータを素早く検索します。

セキュアで拡張性のあるアーキテクチャー

役割ベースのアクセス制御により、許可されたユーザーのみがデータにアクセスすることが保証されます。 Action Agent APIは、お客様が作成したソフトウェア/サード・パーティーのソフトウェアとの統合をサポートし、ポリシー・エンジン・フックによって自動化ワークフローが実現します。

機密データの自動的な特定と分類

IBM Spectrum Discoverは、特定の種類の機密情報または個人を特定できる情報を含むデータを自動的に特定し、分類します。

コミュニティーがサポートするサード・パーティーの拡張機能に関するカタログ

IBM Spectrum Discover Action Agent Catalogを使うと、お客様はコミュニティーがサポートするエコシステムからサード・パーティーのAction Agentを検出、インストール、管理して、IBM Spectrum Discoverの機能を拡張することができます。専用のコードを作成する必要はなくなります。

お客様のニーズに合わせた最適なプランをご提案します

IBM Spectrum Discoverの無料評価版

メタデータに基づいた非構造化データについての洞察を活用--90日間無料でお試しください。

月次ライセンス

柔軟性の高いIBM Spectrum Discoverの月次ライセンスです。

永久ライセンス

永久ライセンスの便利さと継続的なメリットを求める企業に最適です。