ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)とは

反復性の高い従業員のタスクによって、より重要で創造的な問題解決と顧客中心の作業にかけるべき貴重な時間が削られてしまいます。ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)とは、定型業務を自動化して、重要な時間を従業員に返すソフトウェア・ツールの業界用語です。

IBM Automation Platform for Digital Businessの一部であるIBM Robotic Process Automation with Automation Anywhereは、従来のRPA機能を優れた自動化により増強します。これを使用することで、当面のタスク自動化のニーズに対応した上で、RPAボットをよりスマートでさらに俊敏にするための追加機能を装備することができます。

こうして作られたボットは、ワークフローのオーケストレーション、ビジネス・ルールおよび意思決定との統合、コンテンツの管理、データの収集を行い、より効率的かつ効果的に、既存のビジネス目標の達成だけではなく新しい拡張性と革新性の高いビジネス目標の再考を支援します。

RPAがお客様の自動化の展望のどの部分に合うかをご覧ください

RPAがお客様の自動化の展望のどの部分に合うかをご覧ください RPAバイヤー・ガイドを読む(要登録)

IBM Robotic Process Automation with Automation Anywhereから得られるさらなるメリット

生産性の向上

ルールで管理できる常時稼働のボットに反復的なタスクを移行して、精度の向上と作業量の増加を図り、従業員がイノベーションにより多くの時間をかけることができるようにします。

運用コストの削減

定型の手動タスクを自動化して貴重な従業員の知識をより収益性の高い取り組みへとシフトすることで、コスト効率の向上を実現します。

作業精度の向上

人間の動作をシミュレートするだけでなく、手動のデータ入力や画面間の移動から人的ミスを実質的に排除する自動化により、精度を向上します。

オンデマンドのスケーリング

ニーズの変動に応じてボットを素早く増減できる上、自動化によって拡張できる顧客体験を創出することで企業にメリットをもたらします。

開発サイクルの短縮

新しい自動化を提供することによって、ターンアラウンドを削減し、人的エラーの可能性を最小限に抑えるなど、ソフトウェア開発ライフサイクルに関するプロセスを最適化します。

IT部門への依存を低減

ビジネス・ユーザーが自分のRPAボットを作成し、数時間から数日で新しい自動化を導入できます。ITスキルは不要であるため、ITは他の作業に集中できます。

IBM RPA with Automation Anywhereの仕組みについてお読みください

IBM RPA with Automation Anywhereの仕組みについてお読みください 詳細を表示する

お客様のニーズに合わせた最適なプランをご提案します

Express


小規模なRPA導入向けに設計されており、IBM Business Automation Workflow Expressと組み合わせて複数ボットのオーケストレーションと例外処理を実行できます。RPAのフル機能を入手できる低コストのエントリー・ポイントです。

Enterprise


大規模なRPA導入向けに構築されており、IBM Digital Business Automation Expressと組み合わせることができます。ワークフロー管理、リアルタイム意思決定、データ・キャプチャーの各機能により統合プロセスの自動化を実現します。

お客様の声

Next Steps

お問い合わせはこちら

無料トライアルの詳細

IBM自動化プラットフォームのその他の製品のご紹介

IBM Business Automation Workflow

直線的なプロセスから複雑なケースまで、オンプレミスまたはクラウド上でデジタル・ワークフローを自動化します。

IBM Operational Decision Manager

オンプレミスまたはクラウド上で、ルール・ベースのビジネス意思決定を発見、取り込み、分析、自動化、管理します。

IBM Blueworks Live

さまざまなチームが簡単に、ビジネス・プロセス・マッピングの文書化、分析、改善を協力して行えるようにします。