IBM Security Risk Based Authenticationの機能と特徴

真のユーザーと詐欺師の識別

IBM Security Trusteer Pinpoint Detectは、アカウントの乗っ取りや不正取引からデジタル・チャネルを保護し、リスクの高いマルウェアに感染したエンド・ユーザーのデバイスを検出します。この製品には行動バイオメトリクス機能が組み込まれており、特許取得済みの分析機能および機械学習を使用して、リアルタイムのコグニティブ不正検出を行います。

内部手順の認証と実施

組織は、IBM Security Verify Accessとの統合を通じて、内部手順の認証と実施、およびセキュリティー・ポリシー管理を受けることができます。これにより、組織は、組織にとっての実際のリスクに基づいて、脅威に対応したアクセス・ポリシーをさまざまなチャネルをまたいで作成および実施できるようになります。

グローバルな脅威インテリジェンス・サービス

IBM Security Trusteerでは、専門のセキュリティー調査チームが継続的にデータを分析して、新たな脅威を検出しています。チームがこうした新種の脅威を発見すると、それらに対する防御機能が自動的に追加および実装され、迅速に顧客を保護できます。

最先端のインテリジェンス・ベースをサイバーセキュリティー・プラットフォーム上に構築

IBM Security Risk Based Authenticationソリューションは、組織がマルウェアやフィッシング詐欺を阻止し、アカウント乗っ取り攻撃を防止し、デジタル・チャネルのリスクを制御して軽減することを支援するために金融詐欺対策として設計された、最先端のインテリジェンス・ベースのサイバーセキュリティー・プラットフォームを使用しています。

コグニティブ不正検出で詐欺師を出し抜く

おすすめ関連製品

IBM Security Trusteer Pinpoint Detect

IBM Security Trusteer Pinpoint Detectはデジタル不正を円滑に検出します。

IBM Security Verify Access

IBM Security Verify Accessは、Web、モバイル、IoT、クラウドの各テクノロジーをより安全に導入しながら、ユーザーのアクセスを簡素化します。また、オンプレミス、仮想アプライアンス、またはハードウェア・アプライアンスに導入したり、Dockerを使用してコンテナ化したりすることができます。Verify Accessは、リスク・ベースのアクセス、シングル・サインオン、統合アクセス管理制御、ID統合、モバイル対応の多要素認証機能を使用することで、使いやすさと安全性のバランスを保ちます。