Rhapsody Model Managerの主要な機能

中央設計ストレージ

IBM Engineering Systems Design Rhapsody Model Managerを使用すると、中央のロケーションに設計を保管し、それらの設計にアクセスし、リンクされたライフサイクル・データによって最新のコンテンツを使用できます。このとき、データをリフレッシュする必要はありません。IBM Engineering Systems Design RhapsodyまたはWebクライアントから、サーバー上の設計を検索、表示、分析できます。また、Open Services for Lifecycle Collaboration(OSLC)のリンクを介して関連する設計要素の影響分析やディスカバリーを実行することもできます。

ステークホルダーのコラボレーション

世界中のチームが設計にアクセスし、レビューし、Webブラウザーを使用してトレース分析を行うことができます。 IBM Engineering Systems Design Rhapsody - Model Managerの導入により、チーム・メンバーはワークアイテム、要求、テスト・ケースへの追跡可能リンクを使用して、自分のタスクがどのように設計に関連しているのかを確認できます。

設計レビュー

IBM Engineering Systems Design Rhapsody - Model ManagerをEngineering Workflow Managerのワークアイテムとともに使用してレビューを管理できます。これにより、設計やステークホルダーのレビュー・チームを構成できます。レビューでコメントが必要と判断したワークアイテム(カスタマイズ可能なレビュー・ライフサイクルや承認を含む)を、モデルの要素やダイアグラムに関連付けることができます。拡張チームが更新や修正に直接入力できるようにすることにより、チームの作業の質が向上します。

複数の分野にわたる文書の生成とレポート作成

テンプレートを使用して文書を生成し、文書生成用のオープン・インターフェースを使用して設計情報にアクセスし、IBM Engineering Lifecycle Optimization -Publishingを使用してカスタム・テンプレートを作成できます。要求に関する設計変更の影響を理解するには、OSLCリンクを使用します。

技術的詳細

ソフトウェア要件

IBM Engineering Systems Design Rhapsody - Model Managerのソフトウェア要件については、以下のリンク先をご覧ください。

ハードウェア要件

IBM Engineering Systems Design Rhapsody - Model Managerのハードウェア要件については、以下のリンク先をご覧ください。