IBM Engineering Systems Design Rhapsody – システム・エンジニアのためのデザイナー

製品を改善するための、協調的なモデルベースのシステム・エンジニアリング開発環境を提供します。

Rhapsody – システム・エンジニア向けデザイナーとは何ですか?

IBM Engineering Systems Design Rhapsody – Designer for Systems Engineers は、システム・モデリング言語 (SysML) と統一モデリング言語 (UML) をすべて MBSE (モデルベース・システム・エンジニアリング) 環境内で使用します。高度な検証とシミュレーションにより、変化する顧客の要件に適応し、生産性を向上させ、市場投入までの時間を短縮するのに役立ちます。

記事:MBSE がイノベーションを成功に導く
メリット
抽象化機能を獲得する

仕様とデザインをグラフィカルに表現します。 業界標準と明確な表記法を使用することで、チーム間およびサプライチェーン全体のコミュニケーションを改善します。

検証と検証

モデルベースのシミュレーションと分析を通じて、仕様の証明と設計のテストを早期かつ継続的に取得します。

トレーサビリティの提供

要件 > 仕様 > 設計 > コードのステップを通じて、設計上の決定とトレードオフがどのように、そしてなぜ行われたのかを示します。

Rhapsody – システム・エンジニア向けデザイナーの仕組み
シミュレーションとモデル実行によるシステム動作の検証

IBM Engineering Systems Design Rhapsody – Designer for Systems Engineers は、設計レベルのデバッグにアニメーション機能を使用することで、モデルの欠陥を排除するのに役立ちます。アニメーションのサポートにより、より高い抽象レベルでデザインをデバッグします。イベントを挿入し、操作を呼び出し、モデルをステップ実行することにより、ステートチャートで強調表示されたアクティブな状態を表示することもできます。SysML パラメトリックダイアグラムのパラメトリック制約ソルバーを使用して、貿易研究の分析とアーキテクチャのトレードオフを容易にします。


設計を簡素化するための要件分析とトレーサビリティ

複雑な要件を視覚化し、SysML および UML モデリングを使用して設計の一貫性を維持できます。このソフトウェアを使用すると、設計要素とテスト ケースに要件を保存し、モデル内のトレーサビリティ情報を提供できます。設計への、または設計からの完全な要件トレーサビリティをサポートしており、要件の変更が設計にどのような影響を与えるかを確認できます。また、静的モデルチェック分析が含まれており、モデルの一貫性と完全性の向上に役立ちます。


設計を共有およびレビューするためのチームコラボレーション

Rhapsody — Designer for Systems Engineers は、さまざまな環境で設計を共有したりレビューしたりできるようにすることで、さまざまな環境で一貫性のある設計を開発することの複雑さを管理するのに役立ちます。 設計および開発機能を 1 つのまとまった環境に統合し、モデルを迅速に分類、整理、編集するための高度なモデルブラウザーを備えています。このソフトウェアには、グラフィカルなモデルの比較やモデル要素の結合も含まれており、チームが並行して作業できるようになります。


デザインをグラフィカルにキャプチャするビジュアル開発

このソフトウェアを使用すると、UML、SysML AUTOSAR、リアルタイム組み込みシステムのモデリングと分析 (MARTE)、または DDS を使用して複雑な要件を視覚化できるようになります。IBM Engineering Systems Design Rhapsody – Designer for Systems Engineers は、独自のダイアグラムおよびダイアグラム要素を作成するための DSL をサポートしています。また、静的モデルチェック解析との設計の一貫性も向上します。


他の IBM ELM 製品との統合

Rhapsody – Designer for Systems Engineers は、他の IBM ELM 製品 (Requirements Management DOORS® Family、Workflow Management、Rhapsody – Architect for System Engineers) との統合に役立ちます。米国国防総省アーキテクチャ フレームワーク (DoDAF)、英国国防省アーキテクチャ フレームワーク (MODAF)、および DoDAF/MODAF 用統合プロファイル (UPDM) のアーティファクトを作成できます。Rhapsody – Tools and Utilities Add On ソフトウェアを使用して、デザインのビジュアルモックアップ用のグラフィカルパネルを開発します。


トレーサビリティが向上すると、コンプライアンスが促進され、欠陥が排除され、高品質の製品が提供されます。 Claude Provençal Program Manager SFM CMC Electronics