概要

IBM® Engineering Requirements Quality Assistant(RQA)は、400人のエンジニアによるシミュレーションに基づいて、以下のように要件プロセスを改善し、プロジェクト要件の明確さを飛躍的に向上できます。

  • 欠陥由来のコストを最大60%削減
  • 人手によるレビューのコストを25%削減
  • INCOSEエンジニアリングの専門知識を使用して、若手エンジニアを育成
  • エンジニアリング・プロセスの早い段階で要件のエラーを見つけ、市場投入までの時間を短縮

おすすめする理由

エラーの低減

要件を記述する際の誤りが、すべてのエンジニアリング・エラーの半分以上を占めています。

コストの削減

プロジェクトが進めば進むほど、エラーの修正に費やすコストは膨大になっていきます。エラーを早期に発見して修正作業を削減すれば、製品開発のコストや遅れを低減できます。

要件の強化

INCOSEガイドラインに基づいて事前学習されたWatson AIによるレビュー機能を使用すると、修正が必要となりそうな個所が強調表示され、人手によるレビューの前にWatsonによって変更が提案されます。

顧客満足度の向上

明確な要件を満たすことに早い段階から重点を置くと、製品の即応性が向上するとともに、顧客満足度が高まります。

生産性の向上

要件を策定し直すことが好きな人はいません。要件を最初から正しく策定すれば、チームは重要なプロジェクトに集中できます。

テスト計画の明確さの向上

明確な要件を記述すると、テストの活性化と顧客離れの削減に役立ちます。

主要な機能

  • DOORS Next SaaSとのバンドル
  • INCOSEの要件作成ガイドラインによる卓越した要件品質
  • 使用すればするほどスマートに
  • 使いやすいWebベースのインターフェース
  • すぐに使えて生産性を向上
  • ニーズに合わせたカスタマイズ

製品イメージ

お客様のニーズに合わせた最適なプランをご提案します

無料評価版

RQAをお試しいただけます。最大10件の要件をチェックできます。

RQA for DOORS Next Authorized User

このエディションは、IBM Engineering Requirements Management DOORS Next(DOORS Next)とともに使用します。各認定ユーザーには毎月1万件の要件チェックが割り当てられ、登録ユーザー間で共有できます。

RQA For DOORS Authorized User

このエディションは、IBM Engineering Requirements Management DOORS(DOORS)とともに使用します。各認定ユーザーには毎月1万件の要件チェックが割り当てられ、登録ユーザー間で共有できます。