主要な機能

一元化された要求管理

要件文書を一元的に管理することで協働作業を改善でき、デスクトップ・クライアントから編集機能、構成機能、分析機能、レポート作成機能を利用できます。また、要求交換フォーマットをサポートして、サプライヤーと開発パートナーが、中央にある要求にトレースバックできる要求文書、セクション、属性を提供できるようにしています。さらに、要求のテキスト、グラフィックス、テーブルなどを記録して表示します。

要求と設計項目をリンクする追跡可能性

要件を設計項目、テスト・ケース、別の要件にリンクするドラッグ・アンド・ドロップ機能を提供します。リストから要件を選択するか、属性として要件番号を入力すると、IBM DOORS Familyがリンクを作成します。完全な追跡可能性レコードを単一のビューに表示して、開発作業の優先順位付けやデリバリーのスケジュールの予測を支援します。さらに、外部リンクをサポートするため、要件をIBM DOORS Familyの外にある情報と直接関連付けることができます。

要求管理のニーズに対応した拡張性

IBM DOORS Familyは複数レベルのフォルダーとプロジェクトを備えたエクスプローラーのような階層を提供するため、データベースのサイズがどれだけ大きくなってもシンプルなナビゲーションが実現します。構成可能なビューや共有可能な文書が組み込まれているため、ユーザーは単一の文書を作成するために同時に作業できます。小規模チームから複雑なグローバル・プロジェクトまで、プロジェクトの要件に応じて拡張できます。

テスト追跡のためのツールキットとアドオン機能

IBM DOORS Familyには、要件からテスト・ケースへのリンクを作成できるテストのためのトラッキング・ツールキットが含まれています。テスト・ケースとレコードを定義し、テストの実行結果を比較できます。このソリューションにより、テスト・ケースですべての要件に対応できます。IBM DOORS FamilyのWeb Accessアドオンは、IBM DOORS Familyデータベースに保存した要件を作成・レビュー・編集・共有するためにWebベースのアクセスを提供することで、より堅牢な機能を実現します。

要求変更の管理を支援するソリューション統合

事前に定義したシンプルな変更提案システムやIBMの変更管理ソリューション(IBM Engineering Test ManagementやIBM Engineering Systems Design Rhapsodyなど)に基づく、カスタマイズ可能でより堅牢な変更管理ワークフローによって要件を管理できます。また、HP QualityCenterと統合して、要求の可視性を高め、テスト・ケースを作成して追跡可能性を実現するほか、Microsoft Team Foundation Server(TFS)と統合して、追跡可能性を作成して維持します。

最新のIBM DOORS Familyソリューションを使用してプロジェクトを改善

詳細はこちら

IBM Engineering Requirements Management DOORS Nextが提供する拡張性の高いソリューションを導入すると、組織やサプライ・チェーン全体で要件の共有・連携・検証を最適化し、プロジェクトのスコープとコストの管理を改善できます。IBM Jazzの管理プラットフォームを活用すると、規制や規格への準拠を維持しながら、要件の変更をキャプチャー・追跡・分析・管理できます。このソリューションはオンプレミスとクラウドで使用できます。

技術的詳細

ソフトウェア要件

IBM Engineering Requirements Management DOORSのソフトウェア要件については以下をご覧ください。

ハードウェア要件

IBM Engineering Requirements Management DOORS Familyのハードウェア要件については以下をご覧ください。