IBM Rational Test Virtualization Server
早期にテストし、サービス仮想化でコストを節約
資料を読む
高層オフィスビルの空きフロア
サービス仮想化とは

IBM Rational Test Virtualization Serverソフトウェアは、開発ライフサイクルでの早期かつ頻繁なテストを可能にします。

アプリケーションまたはデータベースの一部またはすべてを仮想化することで依存関係が排除されるため、ソフトウェア・テストの担当チームは、リソースが使えるようになるまで待たなくてもテストを開始できます。

メリット コストを大きく削減

デプロイと複雑なアプリケーション環境の構成のコストを削減します。

スピードと品質の向上

開発ライフサイクルのより早い段階で継続的な統合テストを行い、俊敏性と予測可能性を向上させます。

リスクの低減

IBM Collaborative Lifecycle Managementとの統合により、コラボレーションによるテストが可能になります。

サービス仮想化についてはこちら サービス、ソフトウェア、アプリケーションの仮想化

仮想化機能は、データ駆動型の相関応答シーケンスから完全なステートフルデータベースエミュレーションまで多岐にわたります。

仮想化環境の更新、再利用、共有

仮想化環境の一元化されたリポジトリにより、環境構成を再利用、デプロイ、変更して、さまざまなシナリオをテストできます。

ミドルウェア・テクノロジーのサポートを受ける

IBM Rational Test Virtualization Serverでは、複数の業界での幅広いミドルウェアおよびメッセージテクノロジーと統合プロバイダーをサポートしています。

他のツールとの統合によるメリット

IBM Rational Test Virtualization Serverは、IBM Rational Performance Test Serverのすべての機能を提供し、アプリのパフォーマンスと拡張性の検証に役立ちます。

柔軟な価格設定と導入

IBM Cloud DevOps for Hybrid Deploymentでは、購入制のFlexPointsに基づく消費モデルを提供しています。FlexPointsはバンドル内のすべてのアプリに割り当てることができます。

専門家による参考情報 資料

IBMプロダクトの資料で知りたい回答をすばやく見つけることができます。

詳細はこちら
コミュニティー

IBM Rational Test Virtualization Serverの他のユーザーから、技術的なヒントやインサイトを入手できます。

詳細はこちら
サポート

製品サポートのオプションの詳細について学習します。

サポートはこちら
次のステップ

より早期にテストして、欠陥をより迅速に見つける方法をご覧ください。

資料を読む