概要

オンプレミス・ユーザー向けの仮想サーバー

IBMは、Power Systemsユーザーのアクセスとモダナイゼーションを改善できるように、ハイブリッドクラウドの能力に投資してきました。

IBM Power Systems Virtual Serverオファリングは、Power Systemsオンプレミス環境の拡張として、またハイブリッドクラウドへの摩擦のない道筋として設計されています。また、仮想化環境内でPower Systemsへの接続を提供します。

プロモーションを利用する手順

1,500米ドル分のクレジットのコードをご利用ください

ユースケース

開発とテスト

ダッシュボードを監視している人のピクトグラム

開発とテスト

テスト環境として、およびクラウドに実稼働アプリケーションをデプロイするための1つのステップとして使用します。

ワークロードのスケーリング

スケーリング能力を表すシリンダー内の円

ワークロードのスケーリング

Powerインフラストラクチャー用の従量課金制を使用して、エンタープライズ・レベルのAIX®、IBM i、Linux®のワークロードをスピンアップできます。

高可用性、バックアップ、災害復旧

バックアップおよび災害復旧を表すサーバーを囲む矢印

高可用性、バックアップ、災害復旧

オンプレミス環境で高可用性、バックアップ、災害復旧のインフラストラクチャーとして使用するための顧客からの信頼を生み出します。

メリット

主要な機能

コミットされた使用の割引プラン

コミットされた使用の割引プランでは、1年で最大30%、3年以上で最大45%の割引が適用されます。

Labサービスのサポート

プライベートクラウドとハイブリッドクラウドへのITインフラストラクチャーの変換を加速するように設計されています。