Weather Company Outage Predictionの主な機能

対話式ダッシュボードを使用して、お客様の地域の停電を監視

お客様の地域の停電予測に関する最も重要な情報をまとめて視覚的に表示するダッシュボードを使用して、より多くの情報に基づいた意思決定を行うことができます。重要な詳細情報を見つけるためにコンテンツとやり取りを行い、このパネルを使用して停電が予測される場所、タイミング、原因を把握します。さらに大きな、またはさらに小さな区域に焦点を合わせ、条件と予測の間の関係を特定します。

リード・タイム72時間の予測モデルを実現

気象モデルがリアルタイムで更新されると、気象関連の停電予測が更新されるため、運用チームは予測される気象イベントの最長で72時間前までに重要な意思決定を行うことができます。このモデルの使用により、コストの制御と顧客に対する復旧時間の短縮を支援します。

リスクのある地域を素早く特定

ダッシュボードの「地域別の停電」チャートを使用して、最も緊急性の高い地域を迅速に特定し、ドリルダウンします。「地域別の天候」表には、天候によって最も脅威にさらされている地域が表示され、予測された条件で並べ替えることができます。これらの機能は、停電の潜在的な原因を発見し、その後3日間の最大の影響を把握するために役立ちます。

マップ凡例を使用して、スタッフの動員レベルを識別

指定された地域のスタッフの予測動員レベルは、地域タイプと予測された停電件数に基づきます。マップ凡例では、各レベルごとの停電件数の範囲を地域タイプ別に確認できます。

予測と観測済みの気象レイヤーにアクセス

さまざまな予測および観測された気象条件を、お客様のサービス地域への行き来に従って監視します。レーダー、風速、気温、降水量、降雪量などの気象レイヤーを選択し、フィルターを使用して関連データに注目します。熱帯性低気圧の現在位置、風速、瞬間風速、移動すると予測される場所と時間など、より詳細な情報を確認することができます。

停電予測の傾向を分析

過去6時間から過去2日間までの暴風雨による停電予測の傾向を監視します。古い予測を新しい予測と比較して関係性を認識し、いつ、どこで、風と降雨が地域に影響を与える懸念になるのかを把握します。しきい値と停電範囲をマップに実装して、リコールの負担を取り除きます。

シナリオ計画の適用

風速、降水量、気温、湿度などの変動要因を見て、最良のシナリオと最悪のシナリオに対する計画を立てます。ダッシュボード内のさまざまな条件を、実行モードで影響を分析しながら視覚化します。

過去の暴風雨の検索を実行

暴風雨の検索機能を使用して、現在の予測条件と予測される暴風雨による停電のリスクを、過去の暴風雨データの類似した気象条件の結果と比較することで、より多くの情報に基づいた意思決定を行うことができます。

Weather Company Outage Predictionの使用を開始する