IBM Open Enterprise SDK for Python

AIとML、DevOps、自動化のための強力なフレームワークを実現することで、ビジネスの変革とモダナイゼーションを加速化

ダウンロード

IBM Open Enterprise SDK for Pythonは、IBM z/OS用のPythonコンパイラーおよびインタープリターです。Pythonで作成されたz/OSアプリケーションのサポートに役立ちます。 APIやプラグイン、ラッパーを開発して重要なアプリケーションのモダナイズすることで、ビジネスに不可欠なアプリケーションを拡張して配信を高速化します。

 

Pythonプログラミング言語は、他のプラットフォームと同じように、モジュールの豊富なエコシステムを使用して、z/OS用の高速でスケーラブルなアプリケーションを構築するための強力なフレームワークを提供します。

次のステップ
新着情報

機能のアップデート

メリット z/OSでPythonを実行

z/OSで最も人気があり、最も急速に成長しているプログラミング言語の1つを使用します。付属のPythonコーデック・パッケージを使用すると、EBCDICおよびUnicode変換形式(UTF)エンコードと相互運用できます。

AI/MLを統合して高度なデータ分析を実現

メインフレームで最も人気のあるPythonパッケージを使用して、Python AI Toolkit for IBM z/OSで高度なデータ分析を実行できます。

オートメーションの合理化

PythonとAnsible®を使用してアプリケーションとITインフラストラクチャーを自動化し、その他のプラットフォームの場合と同じ方法でz/OSのリソースを管理します。

z/OS との対話

IBM Z Open Automation Utilitiesや他のオープンソース・パッケージ(pyzfileやpyracfなど)を使用して、既存のインフラストラクチャーの活用、データセットとの対話、JCLの送信を行います。

新しいアプリケーションの開発

Pythonの豊富なモジュールやパッケージのエコシステムを活用して、少ないコード行数で新しいアプリケーションをより迅速に開発して実行します。

開発への労力の節減

既存のPythonスキルを活用して、エンドツーエンドのアプリケーションを簡単に構築できます。

主な機能
z/OS 用のネイティブ Python コンパイラおよびインタプリター

最新のPythonプログラミング言語をz/OSプラットフォームに導入します。Pythonは、コードの可読性に重点を置いた、習得しやすく、高レベルのインタプリター型汎用動的プログラミング言語であり、高速でスケーラブルなアプリケーションを構築できます。IBM Z 上のデータと既存のアプリケーションのコロケーションを利用して、スループットを向上させ、応答時間を短縮します。IBM Zプラットフォーム上で機密データを安全に保ちながら、外部に公開するデータを制御できます。


Python 標準ライブラリー

Python標準ライブラリーへのアクセスにより、アプリケーションを作成する際に開発リソースを節約し、コストを削減することができる広範な機能一式が得られます。このライブラリには、文字列操作、暗号化、スレッド、ネットワーキング、インターネットおよびWebサービスツール、オペレーティングシステムインターフェース、プロトコルなどの分野で頻繁に使用されるプログラミングタスクが含まれています。開発者は、これらのモジュールを使用して一般的なアプリケーションタスクを実行できるため、より少ないコード行でビジネス機能の実装に集中できます。


Python AI Toolkit for IBM z/OSおよびPython Package Indexパッケージ(PyPI)へのアクセス

Python AI Toolkit for IBM z/OSとPython Package Indexパッケージ(PyPI)へのアクセスと、自由に利用できる数千のPythonコミュニティ・モジュールとフレームワークのコレクション(個々のプログラムやコンポーネントからパッケージ、さらにはアプリケーション開発フレームワーク全体まで)へのアクセスにより、事前構築済みのPython AIパッケージを入手できます。これらのモジュールは、Python Package Indexから入手できます。

IBM z/OS向けPython AIツールキットの詳細はこちら Python Package Indexパッケージの詳細はこちら

コードセットを変換する機能

Python のコーデック・パッケージ (標準の Python エンコーディング施設) を使用すると、EBCDIC、UTF、およびその他の複数のエンコードでデータを生成および消費できます。

コード・セットと変換の詳細はこちら

IBM サブスクリプションおよびサポートへのオプションのアクセス

オプション価格の世界クラスの IBM サブスクリプションおよびサポートは、SMP/E 版でのみ使用可能です。


zIIP 適格性

zIIP専用プロセッサーを活用して、通常は汎用プロセッサーで実行されるPythonワークロードをオフロードします。 そうすることで、Pythonアプリケーションの柔軟な導入が可能になり、コスト削減、デジタル変革の加速化、CPUリソースの解放が実現します。

z Integrated Information Processorの詳細はこちら
エディションの比較

paxダウンロード形式(z/OS UNIX System Servicesを含む)はUNIX環境で一般的であり、同様のユーザー・エクスペリエンスを実現します。 z/OS上のSMP/Eソフトウェアのインストールおよび保守ツールは、SMP/Eのインストール可能なイメージとその修正パックを管理できます。 IBMサポートを利用してサービス要求をオープンし、オプションのS&Sを使用して文書化されたターンアラウンド・タイムで対処します。

エディション PAXエディション

分散プラットフォームと整合性のあるPAXアーカイブのインストール可能な形式。

ダウンロード
SMP/E エディション

SMP/E(CBPDO、ServerPac)のインストール可能な形式により、更新管理が簡単になります。 運用環境での導入に推奨されます。 ライセンスとS&Sの両方をShopzから入手できます。

Shopz から入手

柔軟なインストール、更新、メンテナンス

ローカル・インストールとDIYインストールで柔軟に導入可能

SMP/Eを使用して管理

ライセンス料なし

独自のアプリケーションを実行する

フル機能

IBM Software Subscription and Support (S&S)

オプション:S&S PID 5655-PYS経由で資格付与
Pythonを使用すると、理解と保守が容易なエレガントで高品質のコードを記述できます。 DB2および分析担当副社長 ヨーロッパの大手銀行 お客様事例はこちら
技術的な詳細

エディションの要件、インストール、および構成に関する情報。

ソフトウェア要件
  • z/OS 3.1(5655-ZOS) 
  • z/OS 2.5 (5650-ZOS)
  • z/OS 2.4 (5650-ZOS)
ハードウェア要件
  • z16™ (全モデル)
  • z15®(全モデル)
  • z14®(全モデル)
  • z13® (全モデル)
  • zEnterprise® EC12/BC12
PAXエディション

IBM Open Enterprise SDK for Python paxエディションのインストール要件。

SMP/E エディション

インストールを成功させるための主要な設定手順を示したチェックリスト。

よくある質問

無償ライセンスでご利用いただけます。ワークロードは、z13®以降の新しい実動ワークロードに対して新規アプリケーション・ソリューション料金体系モデルを使用できる可能性があるため、z/OSにデプロイするための全体的なコストを削減できます。

オプションのサブスクリプションおよびサポートは、SMP/E エディションで利用できます。
サブスクリプションとサポートは、追加料金なしで IBM Z and Cloud Modernization Stackソリューションに含まれています。

詳細はこちら

IBM Open Enterprise SDK for Python 3.11(APAR PH52983 適用)以降、z/OS 2.4または2.5 APAR OA63406が付属している場合、 IBM Authorized Use Table for IBM Machinesで説明されているように、PythonアプリケーションはzIIPプロセッサーでの実行に適格になります。

詳細はこちら ShopZでの注文プロセスについては、ブログStreamlined Shopz order process for Python on z/OSをお読みください。

方法 IBM Open Enterprise SDK for Python での Pandas の実行

詳細はこちら Pandasについては、データの操作と分析に使用される無料のオープンソースPythonパッケージです。

Python for z/OS を使用した Db2 データの処理

Pythonを使用して、データをシステムの外に出すことなくDb2に接続するためのステップバイステップ・ガイド。

IBM Open Enterprise SDK for Python の使用

IBM Z Open Automation Utilities(ZOAU)は、従来のz/OSシステムとIBM z/OS UNIX System Servicesの間のギャップを埋めるために設計された一連のツールです。 z/OS固有のファイル・タイプを操作できる多くのUNIXコマンドと同等のユーティリティーを提供します。

インターネットに接続せずにPyPIパッケージをインストールする

パッケージ・マネージャーであるpipを使用して、インターネットのない環境にPyPIパッケージを段階的にインストールする方法をご紹介します。

参考情報 IBM Open Enterprise SDK for Python の Ansible サポート

IBM Open Enterprise SDK for Python が Ansible® on IBM Z に与える影響をご覧ください。

Pythonがお客様に最適な開発ツールである理由

データ操作、ウェブ開発、合理化オートメーション、継続的統合その他などの実装が簡単なユースケースを学びます。

ベストプラクティス – Python インストールの管理

一般的なインストール・シナリオ、一般的なユースケースおよび最良実施例について説明します。

ビデオデモ 概要

Python AI Toolkit for IBM z/OSが、IBMのサプライチェーン・セキュリティーに支えられた、業界をリードするAI Pythonパッケージを提供し、z/OS上で利用可能にする方法をご紹介します。

ネイティブ・パッケージの作成方法

Python パッケージを適切に構成する方法と、開発環境を使用してパッケージを作成する方法について説明します。

仮想環境の設定方法

IBM Open Enterprise SDK for Pythonで提供されるライブラリーを仮想環境で使用する方法、および依存関係管理にpipを使用する方法について説明します。

関連製品 Python AI Toolkit for IBM z/OS

業種・業務をリードするAI Pythonパッケージを提供し、z/OSで利用できるようにする新製品。

IBM Z Open Automation Utilities

z/OS VIA Java、Python、およびシェル・コマンドでの自動化タスクの実行をサポートするために必要な基礎となるランタイムを取得できます。

Red Hat® Ansible® Certified Content for IBM Z

事実上の言語を使用して Ansible モジュールを開発し、ハイブリッド IT 環境用のオートメーション・オペレーションを合理化します。

IBM Machine Learning for z/OS

IBM Z上のトランザクション・アプリケーションにAIを導入し、AIモデルをz/OSにデプロイして、リアルタイムのビジネスへの洞察を大規模に実現します。

IBM Wazi as a Service

プライベートクラウドのセキュリティーとパブリッククラウドの俊敏性を備えた独自の保護スペースとして、IBM Cloud 上の z/OS のクラウドネイティブな開発とテストを可能にします。

次のステップ

Open Enterprise SDK for Pythonの詳細をご覧ください。IBM Zのエキスパートとの30分間の無料相談をご予約ください。

ダウンロード
その他の参考情報 資料 サポート フィックスリスト アイデアポータル IBM Redbooks サポートとサービス グローバル・ファイナンシング 柔軟な料金体系 コミュニティー 開発者コミュニティー 教育プログラムと学習 ビジネス・パートナー 参考情報