IBM Mono2Micro

AIを使用してアプリケーションのリファクタリングのプロセスを自動化する

複数のブロックが集まって1つの大きな立方体を形成している画像
概要

IBM® Mono2Microは、スキル・レベルや技術的知識によらず独自のマイクロサービス・アーキテクチャーを作成できるようにユーザーを支援します。 これは、Javaのモノリシック・アプリケーションを、IBM WebSphere® Application Server LibertyまたはOpen Libertyで実行するマイクロサービスにリファクタリングするためのAIベースの半自動ユーティリティーです。 IBM Mono2Microを使用すると、マイクロサービスを構築してデプロイするために必要なコードの大部分を生成できます。

IBM Mono2Microは、Javaのモノリシック・アプリケーションのソース・コードの機械学習と分析を使用して、推奨マイクロサービスを生成します。 推奨マイクロサービスは、他の関連情報とともに、直感的なGUIに表示されます。

IBM WebSphereの詳細

資料

IBM WebSphere Hybrid Edition


メリット より速く、より安いマイクロサービス

マイクロサービス間の通信の継続を可能にするコードを自動生成できます。

モダナイズのリスクの軽減

リファクタリング・プロセス全体で既存のテスト・コードを再利用できます。

ディープな意味分析

Javaプログラミング言語に関する標準装備の知識を使用して、マイクロサービスの呼び出しを分析できます。

便利なGUI

わかりやすく表示された推奨マイクロサービスをニーズに合わせて微調整できます。


主要な機能 アプリケーションの分析

アプリケーションの実行時の動作と、アプリケーションがサポートするビジネス・ユース・ケースを理解できます。

推奨情報の表示

推奨パーティションをグラフ表示で確認し、さまざまなクラスの関係を理解できます。

コードの生成

パーティションを確認してカスタマイズし、Libertyで実行するためのコードを生成できます。


次のステップ

IBM Mono2Microの詳細を確認する

さらに情報を得る方法 資料 IBM® Cloud Transformation Advisor