Maximo Mobileのご紹介

インテリジェントなモバイルEAMで、技術者があらゆる資産をいつでも、どこでも管理できる機能を付加

Maximoによる組織の資産管理方法の再考

組織は、運用を維持するために何百もの資産に依存しており、さらにそれらの資産のスマート化が進んでいます。 事実、世界中の接続されたIoTデバイスの数が2030年には1250億に達すると予測されています。

インテリジェントな資産と設備を維持管理するために必要な洞察と可視性を獲得するためには、エンタープライズ・アセット・マネジメント(EAM)が不可欠です。 資産の品質と使用率をライフサイクル全体にわたって最適化するよう設計されたEAMソリューションで組織の運用を再考し、予防保守・予測保守により生産的なアップタイムを増やし、効率化を図って運用コストを削減しましょう。

世界の資産集約型の業界リーダーがMaximoを選択する理由(PDF、1.3 MB)

IBM Maximo Application Suiteによる運用の合理化

IBM Maximo Application Suiteは、状態ベースの資産保守により、運用のレジリエンシーと信頼性を強化します。 CMMS、EAM、および資産パフォーマンス管理アプリケーションへのアクセスを拡大することにより、チームは企業全体で連携し、急速な変化や混乱に直面した状況においても、運用を統合して事業継続性を維持できます。

Maximo Application Suiteの主な機能

  • アプリケーションの統合スイート
  • 単一の契約および料金体系による、簡素化されたライセンス
  • マルチクラウドへの展開
  • 資産の包括的なビュー
 

現場で設備診断を行う女性

Maximo Application Suiteの特長

展開を簡素化して、ビジネスの成長をサポート

追加のアプリケーションを簡単にインストールできるため、ビジネス・ニーズの変化に応じて拡張できます。

使用した分に対してのみ課金

従業員にはスイートのフル・ライセンスが付与されますが、実際に使用した分のみの料金を支払います。

あらゆるクラウドに展開

Red Hat OpenShiftのどこでも実行可能なモジュールを使用して、オンプレミスでも任意のクラウドでも稼働できます。

お客様事例

Maximoの実例を見る