IBM Maximo Application Suiteによるインフラストラクチャー資産管理
公共の安全を確保するためのインテリジェントなアプローチで、予測的かつ的を絞った公共インフラストラクチャー資産管理を実現
バイヤーズ・ガイドを読む
IBM Maximo Application Suiteによるインフラストラクチャー資産管理を表すグラフィック・イラスト
重要なインフラストラクチャーの管理と保守

世界の社会インフラストラクチャーの多くはすでに耐用年数に達しているか、耐用年数を超えており、世界中で100万以上の構造体に必要な2兆米ドル規模の改修工事が滞っている状態です。こうした改善の実施は、市民の日常生活の継続を確保する上で重要な経済成長への取り組みです。

IBM® Maximo® for Civil Infrastructureは、デジタル・インテリジェンスとエンジニアリングのノウハウを融合したIBM Maximo® Application Suiteの拡張機能で、事業者がインフラストラクチャー資産を安全に監視、管理、保守し、障害を予測し、修理の優先順位を付けるのに役立ちます。

業界をリードする各社がEAMを使用する理由
実現できること
設備のパフォーマンスを最適化 市場をリードする自動化を活用して、インテリジェントな設備保守と修理の最適化に必要となる重要な洞察を取得できます。 Maximo Asset Managementの詳細はこちら

資産を遠隔監視 遠隔監視を活用して、保守チームが資産の状態や異常を効率的に把握できるようにします。AIとIoTにより、保守チームはレガシー・システムやデータ駆動型の運用の全体を確認し、問題を予測し、未然に防ぎます。 Maximo資産の遠隔監視の詳細はこちら

保守の必要性を予測 オペレーショナル・データや分析による資産の正常性の洞察を活用した状態基準のメンテナンスにより、資産の信頼性を高め、障害、修理、交換を予測できるようにします。 Maximo予知保全の詳細はこちら
メリット AIの力とデータを活用

機械学習とIoTの力を最大限に発揮し、外観検査、遠隔監視、予知保全などの活用でチームがリアルタイムの意思決定を行えるようにします。

技術者をモバイルで支援

最新のモバイル・プラットフォーム上で深い知識とAI・ARによる支援を活用して従業員を支援し、いつでもどこでもあらゆる問題を解決できるようにします。

チームを統合

エンジニア、運用、保守の各チームが業務を遂行するために必要な監視、保守、管理機能を提供します。

ユースケース 資産パフォーマンス管理

AIを活用した資産の遠隔監視、資産の正常性、予知保全により、運用、品質、メンテナンス・チームを強化しましょう。

メンテナンス管理

自動化、モビリティー、IoTデータ、AIを活用したメンテナンス戦略により、アップタイムの向上と効率的な運用を体験できます。

サステナビリティー

IBM® Maximo® Application SuiteでデータとAIの力を活用し、資産管理にサステナビリティーを組み込みます。

詳細情報はこちら

製品ツアーを開始するか、IBMのエキスパートへの相談を予約して、組織がMaximo Application Suiteから得られるメリットをご確認ください。

製品ツアーはこちら