IBM LTO Ultrium 8 Data Cartridge
12TBのネイティブ容量と最大30TBの圧縮容量を提供して、効率と性能を大幅に向上させます
データ・シートを読む(1.4 MB)
オフィスでミーティングをする二人
概要

IBM® LTO Ultrium 8 data cartridge (LTO 8)は、前世代の2倍のストレージ容量を提供し、長期的なデータ保存とデータへの迅速で信頼性の高いアクセスを実現します。 第8世代のLTOUltriumテープ・メディアは、12TBのネイティブ容量と最大30TBの圧縮容量を提供し、効率と性能をさらに向上させます。

IBMからLTO 8データ・カートリッジをご購入いただくと、信頼性が高く実績のあるテープ・テクノロジーのリーダー企業から安心してメディアを調達できます。 LT0 8データ・カートリッジが、急増するデータの管理、迅速で信頼性の高いデータ・アクセスの維持、ビジネス・レジリエンスの確保に役立つことについて説明します。


メリット 容量と性能の向上

12TBのネイティブ容量と最大30TBの圧縮容量を活用して、効率と性能を大幅に向上させ、カートリッジ数、機器、スペース、作業の要件を軽減します。

データ損失や破損のリスクを軽減

テープ・カートリッジのポータビリティーにより、リモートでのオフライン・データ・ストレージを容易にして、自然や人為的な脅威からの優れた保護を実現します。

データ・アクセスを向上

ユーザーやアプリケーションは、サード・パーティー・アプリケーションに依存することなく、テープから直接ファイルを取得できます。 これによりデータ・アクセスを向上させ、ソフトウェアのライセンス・コストを削減し、ソフトウェアへの依存を軽減できます。


主要な機能 テープ・カートリッジのポータビリティー

リモートでのオフライン・データ・ストレージにより、オンラインまたはオンサイトのデータストレージに影響を与える可能性のある自然や人為的な脅威からの優れた保護を実現します。

IBM Spectrum® Archiveのサポート

IBM Spectrum Archiveでは、データ・ファイルに索引が付けられるため、ディレクトリー・ツリー構造とドラッグ・アンド・ドロップ方式を使用した検索と取得が容易になります。

LTO Ultrium 8規格を順守

ベンダーのテープ・ドライブと自動化の製品との互換性を確保します。 オープン・スタンダード・ベースのテープ・テクノロジーを使用することにより、データ・ストレージへの投資リスクを軽減します。

カートリッジ・モデルとラベルのオプション

再書き込み可能とWrite Once Read Many (WORM)のカートリッジ・モデルから選択でき、カスタム、ブランク、RFID埋め込み型のカートリッジ・ラベルが用意されています。

次のステップ
IBM LTO Ultrium8を最大限に活用する データ・シートを読む(1.4 MB)
追加情報 トラブル・シューティング 資料 コミュニティー 階層型サポートオプション(1.8 MB) 保証とメンテナンス