機能

一度構築するとクラウドネイティブ・アプリケーションによりどこにでも展開可能

動画を見る(02:30)

IBM LinuxONEの導入により、開発者はクラウド専用のプラットフォーム上で、自分が気に入ったオープンソースのツールを使用して新しいアプリケーションの作成やモダナイズができます。Red Hat® OpenShift®とIBM Cloud Paks®による一貫した管理とオーケストレーションによって、一度構築すればどこにでも展開できます。

あらゆる場所での暗号化によりデータを保護しプライバシーを確保

動画を見る(01:20)

ポリシーに従ってデータ・プライバシーを管理し、保存済みであれ、処理中であれ、すべてのデータを社内外の脅威から保護します。データ・プライバシーおよびセキュリティー適用ソリューションであるIBM Data Privacy Passportsは、お客様のエンタープライズ全体でプラットフォーム外のデータへのアクセス権限の付与および取り消しを管理し、データ・ソースに関係なくお客様のエコシステムのデータを保護します。

サイバー・レジリエンスによりダウンタイムの発生間隔を年単位に

動画を見る(02:17)

顧客は24時間365日の可用性と最高のセキュリティーを必要としています。IBM Secure Execution for Linuxにより、最大数千件のワークロードを社内外の脅威から隔離して安全に拡張できます。

オンデマンドでの柔軟な計算リソースの配置

動画を見る(01:45)

企業には最新のデータセンターとその企業のビジネス向けに設計されたプラットフォームが必要です。IBM LinuxONEを導入すると、お客様はサイズや容量のニーズに関係なく、計算リソースをオンデマンドで柔軟に配置できます。柔軟な消費モデル、定義されたワークロードのオンチップでの圧縮、ちょうどよい大きさのフットプリントといったメリットをご活用いただけます。さらにIBM LinuxONE III LT2システムでは、IBM Storageを同一場所に配置するための予約済みスペースが提供されます。

お客様による導入事例

Newlight Technologies社

ブロックチェーンに支えられたテクノロジーを利用して、温室効果ガスを資源に変換します。

お客様の動画を見る(02:40)

Nowy Styl社

スマートなシステム統合により、洗練された方法で処理のパフォーマンスを向上しています。

導入事例はこちら

工場の内部

技術的詳細

技術仕様

LinuxONE IIIは、信頼性の高いデジタル体験をサポートするため独自のエンタープライズ・システム機能を提供します。

  • 専用エンジン: IFL、LPAR、システム・アシスタント・プロセッサー(I/O用)、190コア
  • 暗号化: EAL5+、ECCデジタル署名、スマートカード、CPACF、Crypto Express7S、SSC4ICP
  • I/O: FICON、FCP、zHyperLink、Open Sys Adpt、HiperSockets、SMC-D、10 GbE RoCE2/SMC-R、25GbE RoCE EXP2
  • チャネル: OSA-Express6S、OSA-Express7S 25 GbE SR
  • NVMeブート・サポート
  • 16Uの予約スペースが確保されたハードウェア構成の柔軟性

ソフトウェア要件

  • サポートされるオペレーティング・システム:Red Hat Enterprise Linux 7.7、Red Hat Enterprise Linux 8.2、SUSE Linux Enterprise Server 12 SP5、SUSE Linux Enterprise Server 15 SP2、Ubuntu 20.04 LTS
  • サポートされる仮想化: IBM z/VM 6.4、IBM z/VM 7.1、IBM z/VM 7.2、KVM(Linuxで提供)

ハードウェア要件

仕様はモデルと構成によって異なります。詳細および要件については、技術情報が記載されたRedbooksをご覧ください。

俊敏性と柔軟性を向上

IBMの柔軟な支払いソリューションを利用すると、インフラストラクチャーへの投資をワークロードのニーズに合わせて調整することが可能になります。