お客様が望むクラウドに、必要なプライバシーとセキュリティーを提供

z15の柔軟性、即応性、コストがお客様のデジタル・トランスフォーメーションとクラウドへのジャーニーを推進します。クラウドのセキュリティー・リスクや複雑な移行の課題を回避しながら、市場への参入を加速する必要があります。お客様、IBM Research、IBM Developmentとの協力により設計された、新しいIBM LinuxONE III のシングルフレームおよびマルチフレームのシステムは、お客様の組織全体のクラウド・インフラストラクチャーの一部として、セキュリティー、プライバシー、レジリエンシーを大規模に提供します。

メリット

クラウドネイティブ

次世代アプリケーションの開発、展開、オーケストレーションを一貫性をもって行います。一度開発すればクラウド全体に展開できる、新しいデジタル・サービスを構築します。

あらゆる場所での暗号化

クラウド内の機密データと重要なアプリケーションに理想的なプラットフォームです。LinuxONE IIIは、エコシステム全体で、データを保護でき、ポリシーによりプライバシーを管理できます。

サイバー・レジリエンシー

ワークロードを分離することで内部および外部からの攻撃による影響を最小限に抑え、サービスを継続的に提供できるようにします。

柔軟なコンピュート機能

スタートアップ企業から大企業まで、あらゆる規模の企業に適したプラットフォームを活用できます。パブリッククラウド、プライベートクラウド、またはハイブリッドクラウドを選べます。

機能

  • 一度構築するとクラウドネイティブ・アプリケーションによりどこにでも展開可能
  • あらゆる場所での暗号化によりデータを保護しプライバシーを確保
  • サイバー・レジリエンスによりダウン時間の発生間隔を年単位に
  • オンデマンドでの柔軟な計算リソースの配置

製品イメージ