概要

メリット

機能

エネルギー効率

サーバーの統合とデータベースのモダナイズにより、エネルギー・コストと温室効果ガス排出量を削減します。

コンフィデンシャル・コンピューティング

コンフィデンシャル・コンピューティングのTrusted Execution Environment(TEE)を使用して、ワークロードを分離し、内外の脅威から保護します。

 

耐量子暗号化

システム内に組み込まれた耐量子技術までに及ぶエンドツーエンドの暗号化で現在と未来のデータを保護します。

オープン・ハイブリッドクラウド

お客様が選択したインフラストラクチャーのオープンなハイブリットクラウド・プラットフォームに移行します。

柔軟なキャパシティー

リソースのバランスを常に調整し、オンデマンドで一時的または永続的なキャパシティーを可能にするシステムで、変動する需要に対応します。

回復力

ミッションクリティカルなワークロードで99.99999%の可用性を実現します。これは、年間約3秒のダウンタイムに相当します。²

簡素化されたコンプライアンス

IBM Security and Compliance Centerで、コンプライアンス関連のタスクの簡素化と自動化を実現します。

オンチップAIアクセラレーション

IBM Telumプロセッサーを活用して、低TCOで迅速に洞察を提供します。 使い慣れたオープンソース・ツールでAIモデルを構築し、学習させることができます。

関連製品

IBM® LinuxONE III

あらゆる場所の暗号化、クラウドネイティブ開発、およびサイバー・レジリエンスを提供するオンプレミス・サーバーです。

IBM Cloud® Hyper Protect Digital Asset Platform

LinuxONE搭載のIBM Cloud® Hyper Protect Virtual Serversを使用して、オンプレミスで構築します。

IBM Cloud® LinuxONE Virtual Servers for Virtual Private Cloud

LinuxONEは、パブリッククラウド初の選択肢として利用可能になりました。

使ってみる

IBM LinuxONEが、ビジネスの成長を加速させると同時に、地球環境の保護にも有効であることをご確認ください。

脚注

1 – 同様の条件でLinuxのワークロードを比較対象のx86サーバーで実行する代わりに5台のIBM LinuxONE Emperor 4システムに統合すると、エネルギー消費量を75%、設置面積を50%、そしてCO2eの排出量を年間850トン以上削減できます。

免責事項: 合計10364個のコアを持つ192台のx86システムと比較した場合の5台のIBM Machine Type 3931 Max 125モデルは、125個の構成可能コア(CP、zIIP、またはIFL)を含む3つのCPCドロワーと、ネットワークと外部ストレージの両方をサポートする2つのI/Oドロワーで構成されます。 IBM Machine Type 3931の電力消費量は、メモ構成用のIBM Machine Type 3931 IBM Power Estimation Toolへのインプットをベースにしました。x86の電力消費量は、7つのCascade Lakeサーバー・モデルと5つのIce Lakeサーバー・モデル(サーバー当たり32コアから112コア)の2022年3月のIDC QPI電力値をベースにしました。 比較対象のx86サーバーは全て、2つまたは4つのソケット・サーバーでした。 IBM Zおよびx86は、本番および非本番のワークロードを使って1日24時間、365日連続稼働させました。 削減効果については、データセンターの冷却に必要な追加電力を計算するために、電力使用効率( Power Usage Effectiveness:PUE)の比率を1.57と仮定しています。 PUEはUptime Institute 2021 Global Data Center Survey(https://uptimeinstitute.com/about-ui/press-releases/uptime-institute-11th-annual-global-data-center-survey)に基づきます。 CO2e、およびEPA GHG計算ツール(https://www.epa.gov/energy/greenhouse-gas-equivalencies-calculator)に基づく同値は、米国の 国内加重平均を使用しています。 結果は、お客様ごとの使用量や場所によって異なる場合があります。

2 - 測定と予測に基づくIBMの内部データが予測値の計算に使用されました。 必要なコンポーネントは、IBM z16、 Single System Imageに収集されたIBM z/VM V7.2システム(それぞれRHOCP 4.10またはそれ以上で実行)、 IBM Operations Manager、 Metro Multi-siteワークロードやGDPS GlobalといったMetroの距離システムとストレージ全体でデータの復元および仮想マシンの復元を管理するGDPS 4.5、IBM HyperSwapを使用したIBM DS8000シリーズ・ストレージなどです。 MongoDB v4.2ワークロードが使用されました。 ローカル・ストレージ・デバイスの管理には、z/VM Single System Image clustering、GDPS xDR Proxy for z/VM、Red Hat OpenShift Data Foundation(ODF)4.10などの必要なレジリエンス・テクノロジーが有効化されている必要があります。 アプリケーションに起因する停止は、上記の測定に含まれていません。 その他の構成(ハードウェアまたはソフトウェア)では、異なる可用性の特性を示す場合があります。