概要

現在、CEOの80%以上が、サステナビリティー(持続可能性)への投資が5年以内に業績の改善をもたらすと期待しています。² しかし、86%の企業が持続可能性の戦略を有している一方で、その戦略に基づいて行動している企業はわずか35% に過ぎません。³

IBM LinuxONE Emperor 4 サーバーは、x86サーバーの同じワークロードで、エネルギー消費量を75%、設置面積を50%削減できます。⁴

メリット

コストと温室効果ガス排出量の削減

エネルギー効率が高く、信頼性の高いシステムでワークロードを最適化します。

データセンターの設置面積の最適化

ワークロードを統合し、密度と柔軟性を向上させます。

持続可能性の要因の監視と管理

強力なツールとダッシュボードを使用して、データセンター全体を可視化します。

使ってみる

IBM LinuxONE Emperor 4がどのように持続可能性を成功するビジネス戦略に変えるかをご覧ください。

脚注

1 - IBM社内のテストでは、WebSphereとDB2のワークロードを実行する場合、IBM LinuxONE Emperor 4は、比較対象のx86サーバーよりも16倍少ないコアしか必要としないことが分かっています。 これを完全なITソリューションにスケールアップすると、このワークロードを実行するときに、IBM LinuxONE Emperor 4 Max 125は、比較対象のx86サーバーの約2000コアに相当する作業を行うことになります。

免責事項: これは、マーケットプレイスにおけるIBMのお客様の典型的なワークロードの使用状況を再現するために設計されたIBMの内部調査です。 結果は異なる場合があります。 今回のコア統合調査では、以下のIBM LinuxONEとx86サーバーを比較対象としました。 IBM LinuxONE Emperor 4 Max 125システムは、125の構成可能プロセッサー・ユニット(IFLまたはzIIP)を含む3つのCPCドロワーと、ネットワークと外部ストレージの両方をサポートする2つのI/Oドロワーで構成されます。 Lenovo Think System SR650(2U)第2世代インテル® Xeon® Platinumプロセッサー2.1GHz、1CPUあたり16コア×2基搭載。 x86ベースのソリューションもLinuxONEのソリューションも、同じストレージ・アレイにアクセスできました。 ワークロードは、WebSphere Application Server上で動作するトランザクション・アプリケーションと、オンライン・バンキングの中核機能をシミュレートするIBM DB2で構成されています。 実際のテスト結果は、x86サーバーを使用する銀行顧客の典型的なIT環境について、IDC QPIメトリックとIBMサイジング手法を用い、以下の前提条件で上記のx86サーバーに外挿されました。 本番のIT環境では、16台のx86サーバーが平均使用率50%で稼働しています。 非本番のIT環境には、48台のx86サーバーがあります。 開発環境(各2台のサーバー×4環境、計8台のサーバー)、開発テスト環境(4台のサーバー)、システム統合テスト環境(8台のサーバー)、性能テスト環境(16台のサーバー)、ユーザー受け入れテスト環境(4台のサーバー)、本番修正テスト環境(8台のサーバー)。 一般的な平均CPU使用率は、全ての非本番環境で7%です。 同等のLinuxONE Emperor 4ソリューションでは、LPARテクノロジーで分離された全てのIT環境において、1台のMax125サーバーが平均85%の稼働率で動作する必要があります。

2 - IBM Institute for Business Value - "Own your impact - Practical pathways to transformational sustainability"

3 - IBM Institute for Business Value – “Sustainability as a transformation catalyst”

4 - 同様の条件でLinuxのワークロードを比較対象のx86サーバーで実行する代わりに5台のIBM LinuxONE Emperor 4システムに統合すると、エネルギー消費量を75%、設置面積を50%、そしてCO2eの排出量を年間850トン以上削減できます。

免責事項: 合計10364個のコアを持つ192台のx86システムと比較した場合の5台のIBM Machine Type 3931 Max 125モデルは、125個の構成可能コア(CP、zIIP、またはIFL)を含む3つのCPCドロワーと、ネットワークと外部ストレージの両方をサポートする2つのI/Oドロワーで構成されます。 IBM Machine Type 3931の電力消費量は、メモ構成用のIBM Machine Type 3931 IBM Power Estimation Toolへのインプットをベースにしました。x86の電力消費量は、7つのCascade Lakeサーバー・モデルと5つのIce Lakeサーバー・モデル(サーバー当たり32コアから112コア)の2022年3月のIDC QPI電力値をベースにしました。 比較対象のx86サーバーは全て、2つまたは4つのソケット・サーバーでした。 IBM Zおよびx86は、本番および非本番のワークロードを使って1日24時間、365日連続稼働させました。 削減効果については、データセンターの冷却に必要な追加電力を計算するために、電力使用効率( Power Usage Effectiveness:PUE)の比率を1.57と仮定しています。 PUEはUptime Institute 2021 Global Data Center Survey(https://uptimeinstitute.com/about-ui/press-releases/uptime-institute-11th-annual-global-data-center-survey)に基づきます。 CO2e、およびEPA GHG計算ツール(https://www.epa.gov/energy/greenhouse-gas-equivalencies-calculator)に基づく同値は、米国の 国内加重平均を使用しています。 結果は、お客様ごとの使用量や場所によって異なる場合があります。