IBM Atlas IT eDiscovery Process Management
ITスタッフと法務スタッフ間の証拠開示要件と事実の伝達を自動化
黒の背景に青と紫の円
IBM および Breakwater Solutions

 IBMはBreakwater Solutionsと新しいパートナーシップを確立し、IBM Atlas eDiscovery Process Managementを同社のポートフォリオに移行しました。 このパートナーシップの詳細については、こちらをご覧ください。

さらに詳しく (リンクは IBM の外部にあります)
ITスタッフと法務スタッフ間の検出を強化

IBM® Atlas IT eDiscovery Process Managementは、アクションアイテムの割り当て、通知、アラート、作業計画、保留や収集を通じた検索など、ITスタッフと法務スタッフ間の検出要件と事実に関するコミュニケーションを自動化します。 IBM Atlas IT eDiscovery Process Managementでは、Atlas eDiscovery Process Managementを拡張して、法務、IT、および基幹業務マネージャー向けのワークフローを備えた一元化記録システムを提供します。

検出タスクの調整

検出タスクを効果的に調整し、収集データをより簡単に管理、検索、表示する機能を提供します。

IT収集タスク管理を調整

法務スタッフとITスタッフの間でIT収集タスク管理の取り組みを調整することで、コストのかかる作業の重複を回避します。

収集ワークフローの合理化

ブラウジング、表示、ロギング機能が向上し、収集ワークフローを強化します。

収集テンプレートの提供

データソースタイプの収集テンプレートを使用して、手動タスクを削減し、収集データの精度を向上させます。

ワークロードの可視化が可能に

検出のワークロードと資産の可視性を強化し、より適切な計画とリソース割り当てを実現します。

主な機能
検出タスクの調整

過去と現在の収集アクティビティを便利な単一のダッシュボードに表示します。 現在のリーガルホールドおよび収集を従業員またはシステムごとに検索します。保留中のデータを誤って破棄しないようにします。 法的要求をチケット発行システムに自動的に記録します。 収集ワークブック内の詳細かつ関連する管理者とデータパラメータを使用して、完全な保留と収集の指示を提供します。データ収集チーム全体でタスクとジョブリストを共有します。


収集ワークフローの合理化

管理者による収集指示の表示、メモの取得とデータのアップロード、Atlas製品の外部に保存されている収集情報の場所の文書化を行います。管理者ごとに案件コレクションを参照するか、複数の案件にわたる管理者ごとのコレクション要件を参照します。従業員情報を含めて、関連する指示を1ページでご覧ください。管理者のデータセット、パラメーター、日付範囲に関する法務スタッフからのメモを調べます。収集の段階で既に行われた作業をすばやく特定します。


検出ワークロードと資産の可視化

開始および終了したタスクを個人ごとに表示し、個々のスタッフの作業負荷ステータスを表示します。今後の四半期の正確な予測と自動更新を取得して、スタッフ計画を改善します。ITリソースを予想されるワークロードと調整します。 ダッシュボードを使用して、スタッフ、検出の種類、資産クラスごとにワークロードを可視化します。解雇された従業員を検索して、アクティブな保留および回収を決定します。必要に応じて、解雇された従業員データを破棄します。


IT収集タスク管理の調整

データ収集者向けに徹底した正確な指示とセルフサービスオプションをサポートします。検出コーディネーター向けに設計された収集ジョブダッシュボードを使用して、ワークロードを追跡し、システム、管理者、および収集者ごとにレポートを表示します。リストからタスクを選択し、その要素の一部またはすべてを完了します。Atlas製品で収集されたアップロードされたドキュメントの監査証跡を自動的に記録、インデックス付け、および更新を行います。選択したAtlas製品およびデータベース製品のデータベースインデックス作成機能を使用して、ドキュメントタイプにインデックスを付けます。


データソースタイプに合わせた収集テンプレートの提供

収集依頼者向けの空白埋め機能を含む複数の収集テンプレートから選択します。Eメールメッセージ、ファイル共有、アプリケーションなどのデータソースを対応する収集テンプレートを使用して設定し、収集ワークフローを作成します。データ・ソースのディスカバリー・デリゲートまたはスチュワードを指定します。 IBM Disposal and Governance Management for ITと連携して、より大規模で詳細なデータソースプールに拡張します。

興味はありませんか IBM eDiscovery Manager

IBM eDiscovery Manager を使用すると、権限のある IT スタッフと法務スタッフが、事件に関連するコンテンツを検索、選別、保持、エクスポートできます。

IBM Global Retention Policy and Schedule Management

データの保持スケジュールを定義、管理、公開します。

IBM Atlas eDiscovery Process Management

弁護士、パラリーガル、証拠開示ディレクターが厳格かつ防御力の高い法的ワークフローを管理できるようにします。

IBM Atlas eDiscovery Cost Forecasting and Management

弁護士やリーガル・コントローラーが将来のディスカバリー・コストを予測するのに役立ちます。

専門家による成功に役立つ参考情報はこちら
製品ドキュメント

IBMプロダクトの資料で知りたい回答をすばやく見つけることができます。

オプションの詳細
サポート

製品サポートのオプションの詳細について学習します。

オプションの詳細