ミツフジ社の革新的なウェアラブル・デザイン・スタジオの内部

IBM Maximo Worker Insightsにできること

IBM Maximo Worker Insightsは、コンプライアンスを安全対策の中心に据え、職場に復帰する際の政府と医療の新しいガイドラインを順守しながら、作業環境に潜む危険をより簡単に識別および排除できるようにします。カメラ、Bluetoothビーコン、携帯電話、IoTウェアラブル・デバイス、環境センサーからのデータへのほぼリアルタイムのアクセスを、高度な分析と組み合わせることで、施設と従業員の両方を総合的に管理することができます。この強力なソリューションにより、監督者はセンサー・ベースのモニタリングおよび予測情報を使用して、課題や違反が従業員の健康と安全を危険にさらすような問題に発展する前に対処できます。

メリット

より速くより多くの洞察を収集

このソリューションは、多種多様な情報源(カメラ、Bluetoothビーコン、センサー、ウェアラブル、既存システム、気象情報など)に接続して、データの取り込み、集約、分析を速やかに実行します。

職場での事故の予測的予防を実現

IBM Maximo Worker Insightsは、作業現場と従業員のデータを分析し、環境や身体の危険にアラートを出して、すぐに予防措置がとれるようにします。

モニターにより従業員の健康と安全をサポート

このソリューションは、赤外線カメラやセンサーからデータを収集し、高温のモニタリング、フェース・マスクの検出、占有状況、および人の密度管理を行います。

新しいポリシーと手順に合わせて素早く調整

IBM Maximo Worker Insightsは、新しいソーシャル・ディスタンスのガイドラインを含めた安全ガイドラインと規制の遵守を、学習により継続的に向上します。

エッジコンピューティングを使用したデータ処理

エッジコンピューティングには、ローカルで処理できるほぼリアルタイムのデータ・アクセスと分析という、クラウドに対する強力な代替手段を提供して、運用コストを削減できる可能性があります。

迅速な価値実現

IBM Maximo Worker Insightsには、インテリジェントな洞察、指定の安全エリアでの意思決定、事故防止のためのビルディング・ブロックとして、事前構築された安全シールドが組み込まれています。

IBM Maximo Worker Insightsの機能

  • リスクを最小化、健康と安全のポリシーに準拠
  • カメラ、Bluetoothビーコン、携帯電話、ウェアラブル無線デバイスからデータを収集
  • 温度、占有状況、人の密度、ソーシャル・ディスタンスのモニタリング
  • 起こりうる危険に関するアラートを取得して過酷な条件下の従業員を保護
  • IoTと高度な分析からのメリット

お客様の声