VMware Tanzu(PCF)モニタリング
VMware Tanzu
VMware Tanzu(PCF)のアプリケーション・パフォーマンスの監視

VMware Tanzu(旧Pivotal Cloud Foundry)ベースのマイクロサービス・アプリケーションをモニタリングするには、アプリケーション・スタックのすべてのレイヤーに可視性が必要です。Instanaは、すべてのアプリケーション・コンポーネント、プラットフォーム、コンテナ、サービスの自動検出を含め、コンテナ化されたアプリケーションを管理するプロセス全体を自動化します。Tanzuの基盤にインストールすると、Instanaは自動的にすべてのDiegoセルとGardenコンテナを検出し、アプリケーション・コンポーネントごとに監視センサーを配置し、アプリケーションの依存関係をマッピングして、フルスタックのアプリケーション・パフォーマンスの監視を開始します。その際、通常は何も作業する必要はありません。

今すぐ無料評価版を試す

14日間、クレジットカード不要、フルバージョンでご利用いただけます。

VMware Tanzuの概要

VMware Tanzu(ibm.com外部へのリンク)のWeb サイトには、Tanzuはエンタープライズ・アプリケーションを実行するための統一されたマルチクラウド・プラットフォームであると説明されています。Tanzuを使用すると、安全で信頼性の高いプラットフォーム上でカスタム・ソフトウェアを配信し、企業のビジネスのやり方を変革できます。Tanzuのさまざまな部分が連携して、マイクロサービス環境全体を調整します。Tanzu Cloud Controllerは、個々のDiegoセルを調整し、アプリケーションの構築、ステージング、実行のプロセスを開始するようにDiego Brainに指示します。

Instanaを使用したVMware Tanzu Microserviceのアプリケーション・パフォーマンスの管理

Instanaエージェントは、Tanzu基盤全体へのInstanaエージェントの展開と管理の自動化を提供するタイルとしてTanzu用にパッケージ化されています。InstanaタイルはTanzuプロビジョニング・メカニズムに統合されています。新しいVMが作成されるか、新しいサービスがプロビジョニングされると、Instanaエージェントが自動的にVMにインストールされます。基盤にデプロイされると、Instanaは自動的にコンテナ、インフラストラクチャー、アプリケーション・レベルで可視性を提供し、Dynamic Graphバックエンド・モデルでデータをコンテキスト・リッチな依存関係に整理します。Instanaエージェントは以下を提供します。

自動的かつ継続的な検出 基盤ごとに単一の軽量エージェントがすべてのコンポーネントを継続的に検出し、各テクノロジーに適切なセンサーを展開します。これらのセンサーは、構成、変更、メトリック、イベントを収集します。
自動依存関係マッピング すべてのアプリケーションとサービス・コンポーネントは、それらのリレーショナルな相互依存関係を理解するために依存関係マップに編成されます。検出されたすべてのコンポーネントがマッピングされ、そのメトリック・データ、構成、依存関係、およびコンポーネントの健全性が収集されます。
即時の可視化 新しいコードがCI/CDパイプラインを通過すると、Instanaは可視性とパフォーマンスのフィードバックを即座に提供します。Instanaは、基盤を通過するすべてのアプリケーション・リクエストを自動的にトレースし、各分散トレースをまとめて完全なエンドツーエンド・ビューを表示します。これにより、あらゆる展開の正確な影響を確認するための完全なデータ・セットが常に確保されます。 分散トレース
正確な根本原因の特定 Instanaは、あらゆるユーザーへの影響を完全に分析し、自動的に実行します。Instanaは、アプリケーションとサービスの依存関係に基づいて異常を検出し、メトリック、トレース、例外、ログに記録されたエラー、構成データを関連付け、正確な根本原因分析を数秒で提供します。

Instanaの自動かつ継続的な検出、依存関係マッピング、メトリック監視、分散トレース、異常検出、および完全なデータ・セット全体の分析により、Tanzu基盤内で何が起こっているかを常に把握できます。Instanaは品質を即座に正確に把握できるため、より高品質のソフトウェアをより迅速に提供できます。

Tanzu Tileのインストール:はじめに

開始するには、Instanaアカウントが必要です。すでにアカウントをお持ちの場合は、以下のTanzuのインストール手順に従ってください。アカウントをお持ちでない場合は、無料評価版アカウントを使用して、Instana Microservices Application Monitoring for Tanzu Tileが実際にどのように動作するかを確認できます。Instanaの無料評価版にサインアップして、以下のインストール手順に従ってください。OpsManagerでのInstana Microservices Application Monitoring Tileのインストール

  1. VMware Tanzu Networkから製品ファイルをダウンロードします(ibm.com外部へのリンク)。
  2. OpsManagerインストール・ダッシュボードに移動し、「製品のインポート(Import a Product)」をクリックして製品ファイルをアップロードします。
  3. 「製品のインポート(Import a Product)」ボタンの下にある「Instana Microservices Application Monitoringの次のバージョン番号」をクリックします。これにより、ステージング・エリアにタイルが追加されます。
  4. 新しく追加された「Instana Microservices Application Monitoring」タイルをクリックします。
  5. Instanaエージェントには、最低でも以下の設定を行う必要があります。
    1. Instanaのバックエンドの場所
    2. エージェント・キーとは
  6. 設定を保存します。
  7. InstanaタイルはOpsManagerで「保留中の変更」になります。
  8. 「変更を適用(Apply Changes)」をクリックして、Tanzu基盤全体にInstanaエージェントをロールアウトします。
  9. Instanaエージェントを受信するように基盤を更新します。