IBM InfoSphere Information Analyzer

データ・プロファイリングと分析で、データの内容と構造の一貫性と品質を正確に評価します。

AIとデータ・ストレージの高速コンピューティングの図
情報中心のプロジェクトを加速する

IBM® InfoSphere® Information Analyzerは、データの内容と構造の一貫性と品質を評価します。 InfoSphere Information Analyzerは、推論を行い、異常を特定することにより、データの精度を向上させるのにも役立ちます。

データの品質を評価し、統合と移行のためにデータをプロファイルし、外部データ・ソースを検証します。 さまざまなタイプの情報分析プロジェクトのエンドツーエンドのプロセスを示すためのシナリオが提供されています。 再利用可能なルール・ライブラリーは、ルール・レコードとパターンによるマルチレベルの評価をサポートします。

詳細はこちら

Gartner社がIBMをデータ品質ソリューションのリーダーと呼ぶ理由を見る


メリット 開発リソースの最適化

データ統合プロジェクトを開始する前に、データの欠落、誤り、不良、冗長を特定することにより、開発リソースを最大に活用します。

信頼できる内容の提供

継続的なデータ品質の監視とフィードバックにより、誤った情報が拡散するリスクを軽減します。

ダウンストリーム・コストの削減

データの問題によるダウンストリーム・コストの急激な増加を回避します。 プロジェクトに影響を与える前に、データの構造または有効性の問題を修正します。

高度な分析とレポート

分析結果を要約し、プロジェクトの詳細を表示します。 分析と傾向を視覚化するために、80の構成可能なレポートから選択できます。


主要な機能 シン・クライアントでのデータの分析

このシン・クライアントは、InfoSphere Information Analyzerのワークベンチで使用可能なほとんどの機能に代わる、軽量のブラウザー・ベースの代替手段です。

データ・ルールによるデータの検証

データ・ソースを評価または検証するためのデータ・ルールを定義して実行します。 データ・プロファイリング分析を拡張して、データ品質をテストして評価します。

IBM InfoSphere製品への分析のエクスポート

InfoSphere Information Analyzerを使用して、分析情報をIBM InfoSphere OptimとIBM InfoSphere Guardium®にエクスポートします。

次のステップ

InfoSphere Information Analyzerの機能とメリットに関する詳細な技術情報をご覧ください。

追加情報 コミュニティ サポート