IBM InfoSphere Information Server for Data Quality
統一された環境でデータをクレンジングし、データ品質を監視
ガイド付きデモを体験する
黒い背景に青い点
データを信頼できる情報へ

IBM InfoSphere® Information Server for Data Qualityを使用すると、データをクレンジングして継続的にデータ品質を監視できるため、データを信頼できる情報にすることができます。このソリューションは、データとその関係性を理解するのに役立つエンドツーエンドのデータ品質ツールを提供します。このツールは、データ品質を継続的に分析および監視、データのクレンジング、標準化、照合、そしてデータ系列を維持します。

IBMが2020年Gartner Magic Quadrant for Data Quality Solutionsのリーダーとなった理由をご覧ください。
InfoSphere Information Server for Data Qualityのメリット データ・クレンジング機能の提供

定義したビジネスルールに基づいて、ソースデータの調査、情報の標準化、およびレコードの照合を自動化します。

データ品質の監視と維持

データ品質を継続的に分析および監視して、不正確なデータや一貫性のないデータの蔓延を軽減できます。

柔軟な導入オプションを提供

新しいアプリケーション、データ、サービスを迅速に展開し、オンプレミス、クラウド、またはその両方の最適な場所に配置できます。

主な機能
データの品質と管理

データ品質の問題を明らかにし、ビジネス目標に合わせたメトリクスを使用して修復計画を確立します。データ・ガバナンスプログラムの管理に役立ちます。レコードを照合して、重複、ハウスホールド、その他の多くのオペレーションを排除します。


データの標準化と検証

データ・エンリッチメントやデータ・クレンジングなどのビジネスニーズに合わせてデータ標準化プロセスをカスタマイズするため、機敏なビジネス中心の環境を維持するのに役立ちます。データ検証ルール、シーケンス、影響分析のための柔軟な出力テーブル構成を含むデータ検証機能を提供します。


分類機能

個人を特定できる情報(PII)、機密データ、およびその他のクラスのデータが保存される場所を特定します。また、クレジットカード、納税者ID、米国の電話番号など36個の事前定義されたデータクラスを使用して、列に含まれるデータの種類も識別します。有効な値のリスト、正規表現(regex)、Javaクラスの3種類のデータクラスを作成およびカスタマイズできます。


認定資格

Apache Hadoopクラスター内で直接、データ・プロファイリング、分類、調査、標準化、マッチング、生存確認、アドレス検証、監視をサポートします。Hadoopクラスター上で実行されるUSACおよびAVIアドレス・クレンジングと検証もサポートします。IADB用のOracle Connector認定が含まれます。


オンプレミスまたはクラウド

価値実現までの時間を短縮し、InfoSphere Information Server on Cloudの一部としてクラウド上のデータ品質機能のメリットをご体感ください。

その他のデータ統合製品 IBM InfoSphere DataStage®

オンプレミスとクラウド内でデータを移動および変換するジョブを設計、開発、実行するための、拡張性の高いデータ統合ツールです。

IBM InfoSphere Information Server Enterprise Edition

高品質なデータの理解、管理、作成、維持、変換、提供に役立つエンドツーエンドの情報統合機能を利用できます。

IBM InfoSphere Information Server for Data Integration

信頼できるコンテキスト豊富な情報をよりよく理解、クレンジング、変換、監視、配信できるようになります。

InfoSphere Information Server on Cloud

IBM Cloud®インフラストラクチャーを活用した、完全にカスタマイズ可能で包括的なデータ統合およびガバナンス・プラットフォームを提供します。

データ統合の詳細はこちら
専門家による成功に役立つ参考情報はこちら
サポート

製品サポートのオプションの詳細について学習します。

オプションの詳細
コミュニティー

製品の他の利用者から技術的なヒントや洞察を入手できます。

オプションの詳細