概要

データサイエンスでビジネスの意思決定を変革

IBM ILOG CPLEX Optimization Studioは、意思決定最適化テクノロジーを使用して、ビジネスの意思決定を最適化します。さらに、意思決定者のニーズに即した最適化モデルを迅速に開発および実装することで、ビジネス成果を大幅に改善する実用的なアプリケーションを構築し、意思決定のスピードと質の向上を図ります。

どのような手法が用いられるのでしょうか。IBM ILOG CPLEX Optimization Studioは、数理計画法と制約プログラミングを使用して、ソルバーベースの意思決定の最適化モデルを迅速に開発・実装し、数理的手法を用いてビジネスにおける課題解決および意思決定の促進に導きます。

メリット

月次と年次のサブスクリプションで利用できる、開発者向けオプションを使用して、15分以内で開始できます。

スポットライト

実績のある最適化テクノロジー

実績のある最適化テクノロジー

最適化テクノロジーに何十年もの実証された専門知識を持つプロバイダーをお選びください。名誉あるエデルマン賞の最終候補者のうち、困難な課題を解決するソルバーベースの革新的なソリューションを構築するためにIBM ILOG CPLEX Optimizerを使用した人は、他の最適化テクノロジーの4倍に上ります。

柔軟な開発オプション

柔軟な開発オプション

最適化プログラミング言語(OPL)を使用してモデルを作成できます。APIでモデルを直接作成したい場合は、C、C++、Java、C#、PythonのAPIを使用することもできます。

エンドツーエンドのソリューション

エンドツーエンドのソリューション

IBM SPSS Modelerの分析エンジンとの統合、クラウドで最適化アルゴリズムを実行する機能、直感的なユーザー・インターフェースでのユーザー連携と強力な視覚化により、複雑な課題を解決します。

製品のハイライト

IBM Decision Optimization for IBM Watson® Studio

IBM Decision Optimizationは、IBM Cloud Pak® for Data内でも利用できます。AI搭載の最適化モデリング機能を実現する統合環境であるIBM Watson Studio内で、最適化と機械学習を組み合わせることができます。

製品イメージ

スケジューリング

OPLとガント表示でのスケジューリングを示すスクリーン・ショット

OPL IDEとガント・チャートでのスケジューリング

CPLEX Optimization Studioでスケジューリングの問題を解決するために、OPL言語はスケジューリング固有の言語構造を多数提供します。 また、ユーザーはIDE内のガント・チャートに結果を表示することもできます。

コード・アシスト

OPL IDEでコード・アシストを表示するスクリーン・ショット

OPL IDEでのコード・アシスト

IDEでは、最適化プログラミング言語(OPL)が抽象構文ツリーによって強化されます。これにより、指定された要素をテキストとして、または特定の属性を持つものとして検索、置換、認識することができます。

実行構成

OPL実行構成の実行を示すスクリーン・ショット

ローカルでのOPL実行構成の実行

特定のモデルを解決するには、ユーザーは、モデルとデータ・ソースで構成される実行構成を作成する必要があります。 実行構成を右クリックして、メニューから「実行」を選択します。

学生または教師向け (英語対応のみ)

無料版

学術機関の方はIBMアカデミック・イニシアチブを通じて、IBM ILOG CPLEX Optimization Studioの無料かつ無制限のバージョンを入手できます。

無料のコース

IBMのツールとリソースを活用して、数理モデリングのスキルを向上させます。

無料のワークショップ

無料のワークショップを通じて学生にIBM ILOG CPLEX Optimization Studioを紹介します。

お客様の声

お問い合わせ

IBM ILOG CPLEX Optimization Studioの詳細についてはお気軽にご相談ください。