資産の信頼性に関するリスクの見極めと管理

IBM Maximo Asset Performance Management(APM)スイートに含まれるIBM Maximo® APM -Predictive Maintenance Insightsは、保守管理者が今後起こりうる障害を予測し、施設や運用に影響する資産の障害要因を判別するのに役立ちます。Watson™を使用して資産データ、使用状況、環境におけるパターンを検出し、既知の問題と相関させて障害の予測に役立てます。 

Predictive Maintenanceの主な機能

  • IoTセンサー、OT、EAM、およびERPの各システムのデータの使用
  • すぐに使用可能で一般的な5種類の予測モデル・テンプレート、および関連する視覚化機能の提供
  • カスタム・モデルを構築できる分析APIの包括的なライブラリーの提供
  • Watson機械学習を使用した予測モデルによるスコア計算
  • 状態モニターを強化するためにAsset Health Insightsと容易に統合できるモデル・スコア  

→  インフォグラフィックを見る(PDF、387 KB)

Maximo APM - Predictive Maintenance Insightsの主な利点

計画外のダウンタイムとリスクの低減

資産の障害を予測し、故障を回避するためのアクションを推奨します。

保守コストを削減

早期警告に基づいて障害発生前に事前保守を行うことで、過剰保守を行わずにすみます。

資産の使用効率の向上

保全業務上の問題を予測して作業の品質を高めることにより、既存の資産をより効率的に利用できるようになります。

資産の耐用年数の延長

運用パフォーマンス要因を特定し、保守業務を改善して信頼性を向上します。

生産高の増大

製造業、生産プロセス、製品の効率性や信頼性を高めることで、生産性を向上します。

お客様の声

仕組みを見る