状態基準保全(CBM)への移行

IBM Maximo® APM - Asset Health Insightsでは、温度などのIoTデータと気象、資産記録、作業履歴などのデータを利用して、対象資産の健全性を統合されたグローバル・ビューで参照できます。資産の健全に関する洞察によって、資産の可用性を向上し、最適な交換計画を実現できます。

Asset Health Insightsの主な機能

  • サイト全体ビューと健全性ドリルダウンを含む単一の直観的なダッシュボード
  • センサー・データ連携
  • 健全度に基づいた通知と対応アクション
  • タイプ別やグループ別などの柔軟な資産の健全性スコア
  • 資産の交換時期の分析
  • 計測データと履歴データをMaximoに統合して入力

→  ソリューション概要を読む(PDF、67KB)

Maximo APM - Asset Health Insightsの主な利点

資産故障の費用および発生回数の低減

Watson IoT™ Platformに登録されたデバイスからのセンサー・データを受信します。資産の状態をモニターし、自動化されたアクションを起動することで、コストのかかる故障を低減することができます。

資産の可用性向上

状態、保守費用、パフォーマンス、残りの耐用年数をモニターすることで、資産の故障を低減し、ダウンタイムを最小限に抑えます。

予防保全の最適化

資産レコードとセンサー・データを組み合わせ、資産の健全性に関する洞察に基づいた処置を行います。早期警告によって不要な予防保守を削減します。

運用リスクの軽減

資産状態を詳しく確認できるので、適切な資産に重点を置くことができます。

資産の交換を素早く判断

強力な分析を用いて明確な見通しを立てることで、交換計画の正確性と効率性が向上します。

Maximo APMの実例を見る