料金体系
Guardium Insightsは、SaaSベースの月額料金でオンプレミスライセンスを提供します。
無料トライアルはこちら
Guardium Insightsユーザー・インターフェースの要素をコラージュ形式で示す図
Guardium Insightsの料金計算ツール
データ・セキュリティーとコンプライアンスのためのGuardium Insights SaaSの料金体系

Guardium Insights SaaS Essential、Standard、Advanced Editionを使用すると、データ・アクティビティーの収集、分析、およびレポート作成をすぐに開始できます。Guardium Insights SaaSの価格は、監視されるクラウド・データ・ストアの数と必要なストレージの量に基づいています。

Guardium Insights SaaSは、ニーズに基づいて3つの異なるバージョンで提供され、増大する要件に対応するためにバージョン内のアップグレードも提供します。

 

IBM Security Guardium Insights Essentials Edition

最も一般的なクラウドベースのデータ・ストアへの事前構築された統合と、事前構築されたレポートと監査証跡によるCCPA規制のニーズを満たすためのガイド付きコンプライアンスジャーニーを入手しましょう。

今すぐ購入
IBM Security Guardium Insights Standard Edition

Essentialsエディションのすべての機能に加え、GDPR、HIPAA、PCIなどの規制へのコンプライアンスへの取り組みを追加するオプションも利用できます。このエディションでは、複数のクラウドストアにわたるデータアクティビティを監視し、データ・セキュリティーのニーズに合わせてレポートをカスタマイズできます。

今すぐ購入
IBM Security Guardium Insights Premium Edition

Standardエディションのすべての機能に加え、マルチクラウド環境全体のデータ脅威を1か所から監視し、優先順位を付ける機能を利用できます。Guardium Data Protectionとシームレスに統合され、自動化されたコンプライアンスワークフローと他のセキュリティーツールとの事前定義された統合を提供します。

Guardium Insights DSPMの料金体系

Guardium Insights DSPM資格を使用すると、隠されたデータを発見でき、データ・フローを分析してデータ・セキュリティーの脆弱性を特定することができます。監視するクラウド・サービスプロバイダー(AWS、Azure、GCP)とSaaSアプリケーション (SharePoint、OneDrive、Slack、Google Drive、Jira、Confluence)を選択できます。

シャドー・データを検出し、データフローを分析し、体制の脆弱性を検出することで、クラウド内のすべての機密データを完全に把握できます。

DSPMでセキュリティ保護されたデータ・ストア

AWS、GCP、Azureクラウド環境でシャドー・データを検出します。データ、コンプライアンスの管理と体制における脆弱性を明らかにします。

SaaSアプリケーションのユーザーはDSPMで保護されています

Slack、Google Drive、Microsoft 365 - OneDrive、SharePoint、Confluence、または Jira SaaSアプリケーションで共有されている機密データを検出します。データの潜在的な流れと実際の流れを分析します。

Guardium Insightsソフトウェアの料金体系

Guardium Insightsには、ハイブリッド・クラウドのデータセキュリティーハブを実現するために必要なすべてのソフトウェアが含まれています。Red Hat OpenShift のライセンスを持参する必要はありません。

メトリクス

Guardium Insights は、管理対象仮想サーバー (MVS) と仮想プロセッサーコア (VPC) という 2 つの指標を使用して価格設定されます。MVS は、処理装置、メモリ、および入出力機能で構成され、1 人以上のユーザーまたはクライアント デバイスに対して要求されたプロシージャ、コマンド、またはアプリケーションを実行するコンピュータ (物理または仮想) です。VPC は、パーティション化されていない物理サーバーのプロセッサーコア、または仮想サーバーに割り当てられた仮想コアです。

Guardium Insights を購入する場合、クライアントは単一のメトリックを選択するか、それらを組み合わせてオンプレミスおよびクラウド環境での完全なサポートを得ることができます。

ヒント:計算ベースのメトリックを持たないクラウドデータソースがある場合は、MVSメトリックを使用してください。例えば、GuardiumはAWS S3上のデータ・アクティビティ・モニタリングを提供している。S3サービスにはVPCが関連付けられていないので、MVSメトリックを使用する。したがって、1 AWS S3 バケット (インスタンス) = 1 MVS となります。

Guardium Insightsソフトウェアでサーバーを保護する

IaaS オンプレミス データベース サーバーがある場合は、MVS メトリックを使用します。サービスをアクティブに提供しているサーバーのみをカウントします。HADR ノードまたはパッシブ スタンバイはカウントしないでください。

Guardium Insightsソフトウェアでプロセッサー・コアを保護

VPC によって計算された DBaaS サブスクリプションがある場合は、VPC メトリックを使用します。すべての DBaaS ソースにわたってサブスクライブしたすべての VPC ソースをカウントします。VPC は、クラウドネイティブおよびコンテナ化されたデータ環境で最もよく使用されます。

AWS上のIBM Security Guardium Insights

AWS上でのGuardium Insightsの使用についての詳細は、AWS Marketplaceにアクセスしてください。

AWS マーケットプレイスにアクセス
無料評価版
Guardium Insights SaaSの3日間の無料サンドボックス環境

リスクフリー、コミットメントなしの 3 日間の無料サンドボックス環境で Guardium Insights を探索してください。データ保護とコンプライアンスの機能を実際のシナリオでテストします。ユーザー インターフェイスとカスタマイズ オプションについてよく理解してください。今すぐ試して、組織の未来を守りましょう。

IBM Security Guardium Insights SaaS Standardサンドボックス

IBM Security Guardium Insights SaaS Premiumサンドボックス

Guardium Insights SaaSの30日間の無料トライアル

IBM Security Guardium Insights SaaS を使用して、現代のデジタル時代における必要なデータ保護を実現します。30 日間の無料トライアルを利用して、独自のデータを利用し、お好みに合わせて環境をカスタマイズして有効性を試してください。今すぐサインアップして、監視されているデータに自信を持ってください。

IBM Security Guardium Insights SaaS Standardトライアル

IBM Security Guardium Insights SaaS Premiumトライアル

Guardium Insights SaaS DSPMの30日間の無料トライアル

シャドー・データを見つけ、データ・フローを分析し、クラウドおよびSaaSアプリケーション全体の脆弱性を明らかにします。30 日間の無料評価版を利用してデータ・ソースに接続し、クラウド内の機密データを360度見渡すことができます。

IBM Security Guardium Insights SaaS DSPM無料評価版

次のステップ

Guardiumエキスパートがガイドする無料のライブデモでGuardium Insightsの旅を開始し、ユースケースをご覧ください。 IBM担当者に連絡して、30分間の無料相談で質問に答えてください。

無料Standard Editionのサンドボックス IBM Security Guardium Insightsによるデータ・セキュリティーおよび保護

ハイブリッド環境全体で重要なデータがどのようにアクセスされ、使用されているかを一元的に可視化したいとお考えですか?Guardium Insight SaaSが今日のマルチクラウドの世界でどのようにデータを保護し、ITの柔軟性を高めることができるのかをご覧ください。

Guardium Insightsによるデータ・セキュリティーと保護はこちら
IBM Security Guardium Insightsによるデータ・コンプライアンス

複雑なデータ・コンプライアンス要件を満たすための支援をお探しですか?Guardium Insightsの使いやすいワークフローで、コンプライアンスのニーズにすばやく対応できます。

Guardium Insightsによるデータ・コンプライアンスはこちら
IBM Security Guardium Insightsを使用したDSPM

シャドー・データとそのアプリケーション間での移動を特定したいとお考えですか?Guardium Insightsのデータ・セキュリティー体制管理(DSPM)機能についてお読みください。

Guardium InsightsによるDSPMはこちら