概要

メリット

主要な機能

データサイエンス革命の一員に

Safer Paymentsはビジネス・パフォーマンスを継続的に監視し、新たに発生した不正行為のパターンや危険性を増した不正行為のパターンに意思決定モデルを適応させるツールを提供します。

次世代のアプローチ

あらゆるベンダーやオープンソースのデータサイエンス、機械学習、人工知能技術を駆使して、不正行為を事前に防ぐことができます。

あらゆるチャネルでのソリューション

各種カード、オンライン・バンキング、リアルタイム決済を保護するための固有の機能が含まれています。 すべてのチャネルを通じて振る舞いと決済の流れをプロファイリングすることで、誤検知率を低下させ、不正行為による損失を削減します。

柔軟に構成可能

IBM Safer Paymentsでは、すべてが簡単に構成可能です。 顧客データ・モデルに完全に適応でき、 新しいデータ・フィードは数分で構成できます。

独自モデルの使用

任意のツールを使用して、ニューラル・ネットワーク、ランダム・フォレスト、デシジョン・ツリー、回帰コンポーネントを構築します。 さまざまなタイプのモデルをアンサンブルとして結合し、各モデリング・テクノロジーの優れた長所を活用します。

インメモリー型NoSQLデータベース

専用のデュアル・アクセス・データベース・テクノロジーは、コモディティー・ハードウェアやあらゆるクラウド環境で実行され、毎秒数千件のトランザクションというピーク・パフォーマンスを実現します。

利用例

リアルタイム決済の不正防止

送信者と受信者の決済プロファイルのグラフィック・チャート

リアルタイム決済の不正防止

犯罪者は決済を構造化し、不正資金口座を通じてマネーロンダリングを行い、資金の流れを偽装します。 Safer Paymentsは、過去の決済の支払い元と受益者をどちらも送信者と受取人としてプロファイリングします。

モデル・ファクトリー

データサイエンス技術のグラフィック・チャート

モデル・ファクトリー

最適なデータサイエンス手法の組み合わせを実現するために、「モデル・ファクトリー」というコンセプトを作成しました。 これにより、Safer Paymentsユーザーは、不正問題の解決に最も適した手法の組み合わせを選ぶことができます。

オンライン・バンキングとモバイル・バンキング

デバイスID機能のグラフィック・チャート

オンライン・バンキングとモバイル・バンキング

Safer Paymentsは、実際のオンライン・バンキングとモバイル・バンキングのセッションの両方のデータを使用します。 組み込みデバイスID機能に加えて、デバイス動作プロファイリング、デバイス・レピュテーション・データベース、生体情報パラメーター認識により、このチャネルの堅牢性が強化されます。

オープンソースのデータサイエンスの利用

オープン・ソフトウェアのグラフィック・チャート

オープンソースのデータサイエンスの利用

Safer Paymentsは、現在市場で利用可能な不正決済防止向けの製品として、最もオープンなデータサイエンス・プラットフォームです。 ポータブルPMML形式でモデルをエクスポートおよびインポートし、モデルまたは特徴の抽出をPythonコードとして取り込みます。

マルチテナンシーとマルチチャネル

複数テナント階層のグラフィック・チャート

マルチテナンシーとマルチチャネル

Safer Paymentsの階層型マルチテナンシーにより、 何百ものカスタマイズされたテナントを効率的に管理できます。 また継承により、中央モデルと構成の保守が可能になります。

お客様の声

発表

主な参考情報

ソリューション概要

IBM Safer Payments: 優れたアプローチを取る最適なタイミング

ホワイト・ペーパー

すべての決済チャネルにおける不正行為の防止

テクニカル・ホワイト・ペーパー

IBM Safer Paymentsアーキテクチャーとその基礎となるテクノロジーについて説明します。

お客様の声

FIS社はIBM Safer Paymentsを使用してリアルタイム決済を保護

STET社- 導入事例

フランスにおいて国の決済スイッチで年間1億1500万米ドルを節約

Volt銀行の発表

オーストラリアのデジタル銀行Voltはオンライン・バンキング・プラットフォームにIBM Safer Paymentsを導入

その他の参考情報

動画

FIS社はどのように金融犯罪と戦うか

IBM Safer Paymentsを使用してリアルタイム決済を保護します。

オーストラリアにおける不正との戦い

IBMがどのように即時決済の保護を支援しているかをご覧ください。

IBM Safer Paymentsの概要

この製品で不正決済に対抗する方法について説明します。

カナダにおける決済の保護

リアルタイム決済に対する不正防止についてご覧ください。

コグニティブ・コンピューティングで不正行為に対抗

このWebセミナーでは、AIがどのように決済を保護できるかを説明します。

Webセミナー - 企業リスクと不正検知

不正行為から決済を保護する方法についてのニュージーランド銀行との非公式談話です。

テクノロジーで決済を保護

SIBOS Londonでのインタビューをご覧ください。

ニュージーランド銀行はどのように顧客を保護しているか

ニュージーランド銀行の120万人の顧客がどのようにスムーズな決済サービスと高度なセキュリティーを享受しているかをご覧ください。

ブログ

IBMがRisk.netで受賞

Risk.netが主催する金融犯罪対策の年間最優秀製品についてご覧ください。

AIはどのようにしてリアルタイム決済での不正を阻止しているか

Indue社がコスト効率の高い不正検知を使用してどのように効率を向上させているかを説明します。

Borgun社の国際的な成長をIBM Watsonが支援

Borgun社がコスト削減と不正監視の拡大をIBM Safer Paymentsでどのように実現しているかを説明します。

お客様事例

Indue社

金融犯罪対策サービスを改革しています。

ニュージーランド銀行

不正削減のためにIBMのソリューションと専門知識を導入しています。

FIS社

FIS社がどのようにしてIBM Safer Paymentsソリューションを統合したかを説明します。

‎Qatar International Islamic Bank

QIIBがIBM Safer Paymentsを信頼している理由を説明します。

レポート

Forrester社によるTotal Economic Impactレポート

IBM Safer Paymentsによって実現されるコスト削減とビジネス上のメリット

Forrester社の「Total Economic Impact」インフォグラフィック

IBM Safer Paymentsによって実現されるコスト削減とビジネス上のメリット

FIS社のインフォグラフィック「進化する不正行為」

電子決済領域を不当に活用すべく、数々の不正行為にはますます洗練されて組織化された方法が採用されています。

開始する準備はできていますか?

お客様の現在のリスクやコンプライアンス・プログラムの改善についてはIBMエキスパートにご相談ください。