主要な機能

IBM® FileNet® Content Managerの機能

AIビジネス・コンテキスト・エンジン

お客様はAIを使用して、索引フィールドやコンテンツ・タイプの作成などのタスクを自動化できます。これらのタスクは、保管された文書やコンテンツから情報を自動的に分類・抽出するために使用されます。

ローコード開発者ツールとGraphQL API

ローコード開発者ツールを使用することで、ビジネス・アナリストやプログラマー以外の従業員などの幅広いユーザーが迅速にプロトタイプを作成し、FileNetサービスを組み込んだアプリケーションを構築することができます。

クラウドネイティブの管理と導入

FileNet Content Managerは、クラウドネイティブの導入用に全面的に再設計、再構築、最適化されました。 これにより、任意のクラウド上でコンテンツ・アプリケーションを迅速に導入できるようになりました。

Salesforce社の統合

アプリケーション間で切り替えを行うことなく、重要な販売またはサービス・コンテンツの資産(価格の見積書、お客様のEメール、契約書、ケース・ファイルなど)のアップロード、索引付け、編集、コラボレーション、管理を行えます。

エンタープライズ動画ストリーミング

ユーザーは、他のビジネス資産とともに動画コンテンツのライフサイクルを管理しながら、IBM Enterprise Video Streamingサービスを活用して、オンデマンド再生を最適化することができます。

モバイル・コンテンツの取り込み

IBM Automation Mobile Captureにより、IBM Cloud Pak® for Automationの適用範囲と価値が拡張され、FileNetとIBM Datacapをすぐに統合できます。

エンタープライズ文書管理とガバナンス

FileNet Content Managerの実績ある統合コンテンツ・サービス機能を活用して、すべてのリポジトリーとファイル共有から、さらに安全に、一貫性をもってインテリジェントにコンテンツを管理します。

役割ベースの編集

要求者の役割に基づいて文書を自動的に編集し、ユーザーの仕様に従って情報をブロックします。 セキュリティーを合理化し、ストレージと管理のコストを削減します。

使ってみる

料金体系の情報については、IBMにお問い合わせください。 ファイナンシングをご利用いただけます。