気象がもたらす混乱と安全性の監視
悪天候に備えて計画を立てることで、従業員と顧客の安全を確保します。
無料評価版 デモの予約
IBM Environmental Intelligence Suiteを使用した、気象がもたらす混乱と安全性の監視を表すグラフィック画像
気象の安全は信頼できる情報から

悪天候がもたらすのは、ビジネスの運営への影響だけではありません。ビジネスを支えている人々の安全にも影響を及ぼします。冬の嵐、停電、鉄砲水、その他の気象状況に関する明確で信頼できる洞察を得ることで、緊急事態への備えを強化し、従業員や顧客に緊急警報や通知を送信し、人々の安全を確保することができます。

IBM® Environmental Intelligence Suiteは、AIと気象、気候、オペレーショナル・データを単一のソリューションに統合し、ビジネスへの混乱を予測するだけでなく、緊急事態に備え、迅速かつ適切に対応できるようにします。

実現できること
混乱を最小限に抑えてリスクを軽減

気象警報と気象予報により、安全な計画を立て、猛暑、強風、氷点下の気温、大雨、雷雨などの危険な気象状況に備えるために必要な情報を組織に提供します。


独自の気象データと過去の気象データを統合

現在の状況や天気予報と合わせて過去の気象データを分析することで、独自の被害予測モデルとダッシュボードを構築、テスト、導入することができます。 

お客様事例 Marcados EMI社

Mercados EMI社はIBMの気象データを使用して、インドにおける電力需要予測と電源異常の削減を支援しています。

Texas A&M AgriLife社

IBMとTexas A&M AgriLife社はともに取り組み、農家が水の使用量に関する洞察を得ることで、作物の収穫量を増やし、経済的および環境的コストを削減できるように支援しています。

Plan21 Foundation

Plan21 FoundationとIBMは、ラテンアメリカの小規模農家がより持続可能かつ生産的に作物を管理できるよう支援することで、世界の食料安全保障を改善します。

関連するユースケース サステナビリティー

独自およびサード・パーティー提供の地理情報と気象データ、分析、ダッシュボードの視覚化を組み合わせ、持続可能性の目標の実践を支援します。

気候・気象リスク管理

実用的で高精度な気象情報を活用して、悪天候によるリスクや損害を軽減します。

植生管理

植生の成長によって影響を受けている施設を保全する時期と方法を、データに基づいて適切に判断します。

次のステップ

Environmental Intelligence Suiteが異常気象の予測と緩和に役立つ仕組みを詳しくご覧ください。無料トライアルで機能をお試しになるか、パーソナライズされたEnvironmental Intelligence Suiteデモをリクエストしてください。

無料評価版 デモの予約
その他の参考情報 料金体系の詳細を見る ドキュメンテーションを読む IBMビジネス・パートナーのご紹介 サポートを探す 参考情報はこちら コミュニティーに参加