IBM Environmental Intelligence Suiteソフトウェアの世界地図上に表示された気象前線と稲妻

気象がもたらすビジネスの混乱を軽減

気象は日々、どの企業にも影響します。 起こりうる混乱を最小限に抑えるために必要なことは、気象データの収集だけではありません。 高度な分析とインテリジェントなワークフローを採用して、プロセスを再考し、気象が資産、従業員、顧客にいつどのように影響するかをより正確に予測することが必要です。

IBM Environmental Intelligence Suiteには、ダッシュボードの可視化や強力なアラート機能など、多くの企業や組織向けに、気象に関する意思決定支援の幅広いツールが含まれています。 この統合スイートを使用することで、企業は、地球上のどこからでもオンデマンドで、現在の状態や履歴データなどを含む広範な気象APIのセットを活用することができます。 また、オンデマンドの予測データ、7カ月先までの長期的な季節性条件、シナリオ・プランニングのための確率的気象APIも利用できます。 さらに、Environmental Intelligence Suiteの地理空間分析プラットフォームには、より多くのハイパーローカルな洞察の生成に役立つ、6ペタバイトの分析可能データ・セットが用意されています。これにより、変化する気象条件に対して計画して対応することができます。

Weather Intelligenceのメリット

高精度の予測

気象コンテンツがAIおよび人間の予報士の対話と融合した最先端科学である、「human over the loop」と呼ばれる独自のテクノロジーによる予測を体験できます。

合理的なユーザー・エクスペリエンス

モバイル機能、直観的なダッシュボード、地図、グラフ、アラート通知や、気象情報、地球観測、地理空間データ、GPSへのアクセスによって、ユーザー全体でアプリケーションのアクセス可能性が向上します。

スケーラブルなSaaSソリューション

職務に重要な主要機能によって組織全体のユーザーをサポートします。また、特定のアプリケーションの使用要件に基づいた料金体系であるため拡張も容易です。

関連情報

大きな画面で気象データを見る予報士

IBMの予報が総合的に世界で最も正確と評価

IBMがAIテクノロジーに投資して予報を発展させ、より正確な気象予報を実現した方法を説明します。

嵐の雲が広がる中の車に搭載された気象レーダー

環境インテリジェンスとはビジネス・インテリジェンス

天候を問わずプロアクティブに対応し、ビジネスの中断を回避し、レジリエントな体制を維持する方法について説明します。

嵐の雲が広がる海上にいるコンテナ船

気象の追加で収益拡大

気象に関する洞察が収益の増加にどのように役立つかをご覧ください。

お客様事例

高速道路上の18輪トラックのクローズアップ

Knight Transportation社

気象データ、テレマティクス、地理位置情報データを組み合わせて、近づきつつある気象状況をリアルタイムでドライバーにアラート通知しています。

海上のコンテナ船の上空からの写真

XShip Inc.

AIと気象データを使用して、海運業界に最適なルート計画と船隊管理のためのWeather Intelligenceを提供します。

雪に覆われた木々の間の高速道路を走る18輪トラックの上空からの写真

Desjardins Insurance社

デジタル・トランスフォーメーションの一環として、自社のモバイル・アプリで気象に関する洞察を充実させることにより、アプリのユーザー利用を増加させました。

次のステップ