IBM Weather Operations Centerで植生管理地域マップを示すスクリーン・ショット

過剰成長を管理して停電を削減

適切な資産管理は常に重要ですが、植生の過剰成長によって安全が脅かされる可能性がある電力施設の資産管理では、その重要性がさらに高まります。 残念ながら、この問題に対処するために現在用いられている手法やプロセスは非効率であり、システム・コストや全般的な安全性と信頼性に悪影響を及ぼしています。

IBM Environmental Intelligence SuiteのVegetation Managementは、AIと高度な分析を活用して、サービス領域全体にわたる植生の状態を定期的に評価するエンドツーエンドのソリューションです。 Vegetation Managementは、植生の過剰成長により最も大きな悪影響を受ける可能性が高い、高リスクの送電経路も特定します。さらに、プロジェクトの優先順位付けに役立つスコアとKPIを計算し、計画、入札、契約から作業の検査や監査までの全般にわたり、意思決定を支援します。

Vegetation Managementのメリット

スケール

何百マイルにもわたる送電線周辺の植生の成長を自動的に評価します。

頻度

植生が送電線の安全を脅かす可能性がある地域の優先順位付けを行います。

コスト効率

通常に比べてわずかなコストで予防保全や迅速な対応を行えるようにワークロードを最適化します。

Vegetation Managementの関連知識

トラックに向かって歩いている2人の作業員の写真と伸びきった草地の前に立つ1人の作業員の写真

レジリエンスの向上

AIを植生管理プログラムに組み込む方法を説明します。

電光表示された植生マップを見ている2人のマネージャー

高度な気象テクノロジーの重要性の高まり

電気/ガス会社がどのようにAIと機械学習を最新のモデリング手法や予測分析と組み合わせて活用しているかをご覧ください。

木の枝の上でバランスをとる、安全装置を付けた作業員

サービス区域内で樹木に関連した停電を予測

植生に対する可視性を高め、潜在的な危険を予測する方法をご覧ください。

Vegetation Managementの実例

パードナレス電気協同組合がコストの削減と安全性の向上を実現

パードナレス電気協同組合は、テキサス州の送電線周辺の植生を伐採するために年間数百万ドルの予算を費やしています。IBM Vegetation Managementを使用して、衛星画像と設備マップを効果的に組み合わせるオーバーレイ機能を活用することで、よりスマートな調査を行うことができます。

次のステップ