植生管理
植生の成長によって影響を受けている施設とエコシステムを保全する時期と方法を、データに基づいて適切に判断します。
デモを予約
IBM Environmental Intelligence Suiteの植生管理機能を表すグラフィック画像
状況に応じた植生管理の導入

送電線、発電所などの公共施設を望ましくない植生から保護することは、公共の安全に関わる重要な問題です。落下した枝や生い茂った草木は、停電や山火事のリスクなどにつながり、人々や施設を危険にさらす可能性があります。しかし、植生管理に関する意思決定のための従来の方法は、周期的なスケジュール設定と手動検査に依存しており、非効率的で費用がかかります。

IBM Environmental Intelligence Suiteの植生管理プラットフォームは、衛星データとガイガーモードLiDAR予測分析を気象インサイトと組み合わせて利用し、植生の成長に関するAI(人工知能)ドリブンなインサイトを提供します。これにより、ユーザーの皆様に充実した情報を活用し、公共事業の植生管理に関する意志決定をよりプロアクティブに下していただけます。このコスト効率の高いソリューションは、以下を処理するプラットフォーム上に構築されています。

  • 複雑な地理空間データセットと時間ベースのデータセット
  • AIと分析を適用して植生の影響を計算してスコアリング
  • 刈り込み作業や保守作業から最も恩恵を受けるリスクの高い道や通路の特定を支援
機能
拡張可能で時間的な洞察の取得

IBM Environmental Intelligence Suiteにより、平均樹高や最大樹高など、対象地域全体の植生の現状を的確に把握できます。こうした現状の把握は、ユーティリティ・サービスに脅威を与える可能性のある樹木を特定したり、資産周辺に定めた緩衝地帯における植生の侵入状況のサマリーを作成するうえで非常に重要です。このツールは自動スケーリングして数百マイルにわたる送電線全体の植生の成長を評価し、樹木の剪定および除去作業の優先順位付けを道路、セグメント、ゾーンごとに行えます。


KPIと評価のカスタマイズ

リサーチでは衛星画像とLiDARデータを使用し、電力導体までの距離や緩衝地帯への侵入量を始めとしたさまざまな指標やKPIに照らし合わせて植生範囲を評価し、スコアを割り当てて、除草作業が必要な場所の特定と優先順位付けを行います。ユーザーの皆様は、こうしたインサイトとさまざまなレイヤーの情報を組み合せてカスタム・ダッシュボード、アラート、意思決定指標を作成し、必要に応じてデータをエクスポートしていただけます。


植生の種類とリスクの評価

このツールは倒木の可能性を孕んだ危険な樹木を特定するなど樹木の種類ごとにインサイトを提供し、剪定作業を行うことで送電線などの設備の保護につながる可能性のあるエリアを予測します。ダッシュボードのビューとアラートを使用すると、管理者は予防保守とトリミングのサイクルを最適化し、プロアクティブな資産管理戦略を構築し、迅速に対応し、コストのかかる手動検査の必要性を軽減できます。


IBM Maximoによる植生管理

植物が繁茂しすぎると、ユーティリティーに数十億ドル規模の損害を与え、大規模な停電につながる可能性があります。IBM Environmental Intelligent SuiteとIBM Maximoを活用したユーティリティーの問題解決をご覧ください。

お客様事例 Texas A&M AgriLife社

IBMとTexas A&M AgriLife社はともに取り組み、農家が水の使用量に関するインサイトを得ることで、作物の収穫量を増やし、経済的および環境的コストを削減できるように支援しています。

Plan21 Foundation

Plan21 FoundationとIBMは、ラテンアメリカの小規模農家がより持続可能かつ生産的に作物を管理できるよう支援することで、世界の食料安全保障を改善します。

Shell社

Shell社とIBMは、鉱山業における優れた運用、安全性、そして持続可能性を通じた脱炭素化を可能にするデジタル・プラットフォーム「OREN」の構築が最善策の1つであると結論付けました。

アエロメヒコ航空

アエロメヒコ航空とIBMは、乗客の安全を最優先に位置づけています。メキシコ国内および世界各地の100を超える路線の地理空間データを使用し、情報に基づいた気候リスク分析を行っています。

関連するユースケース サステナビリティー

独自およびサード・パーティー提供の地理情報と気象データ、分析、ダッシュボードの視覚化を組み合わせ、持続可能性の目標の実践を支援します。

気象がもたらす混乱と安全性の監視

The Weather Company®が提供する局地的なリアルタイムの気象情報に基づいて、安全性や業務に関する意思決定を行います。

気候・気象リスク管理

実用的で高精度な気象情報を活用して、悪天候によるリスクや損害を軽減します。

次のステップ

Environmental Intelligence Suiteが異常気象の予測と緩和に役立つ仕組みを詳しくご覧ください。無料トライアルで機能をお試しになるか、パーソナライズされたEnvironmental Intelligence Suiteデモをリクエストしてください。

無料評価版 デモを予約
その他の参考情報 料金体系の詳細を見る ドキュメンテーションを読む IBMビジネス・パートナーのご紹介 サポートを探す 参考情報はこちら 詳しくはこちら