ダッシュボードによる視覚化がもたらすビジネス効果

ダッシュボードによる視覚化では、使いやすい単一の気象ダッシュボード内で、ほぼすべてのロケーションの天候が可視化されます。 ここでは一部のロケーションに悪天候が迫っている様子を確認できます。 責任者にはアドバイスが、担当者には優先順位付けされたアクション・リストが迅速に提供されます。 天気予報や気象パターンが事前に認識されているため、新たなビジネスの可能性が広がります。

IBM Environmental Intelligence Suite製品ダッシュボードのスクリーン・ショット

Environmental Intelligence Suite内のダッシュボードによる視覚化のメリット

天候の可視性を向上

気象ダッシュボードでは、すべてのサービス・ロケーションの気象予報を一目で確認できます。そこから、対応策を要する、あるいはスタッフが特に注意する必要があるロケーションを、掘り下げることができます。

応答時間の改善に貢献

スポーツ行事で竜巻や雷が起きた場合など、悪天候に対応して、特定のロケーションで取るべき安全策を素早く決定できます。

気象によってもたらされるビジネス機会を最適化

事前に気象予測を察知することにより、特定の商品やサービスの販売を拡大するためのビジネス機会を見出だせることがあります。 このデータを使用して、顧客との積極的なコミュニケーションを図り集客につなげることができます。

ダッシュボードによる視覚化の例

アラート・コンソールがもたらすビジネス効果

アラート・コンソールは、データサイエンス、位置情報、正確な気象データを統合することで、エネルギーおよび電力/ガス、保険、小売、通信、陸上輸送の各業界の企業がカスタマイズされたメッセージをタイムリーに配信できるようにします。 アラート・コンソールを使用して意義あるタッチ・ポイントを創出することで、顧客ロイヤルティーを強化し、従業員と資産を適切なタイミングで保護できます。

アラート・コンソール製品のスクリーン・ショット

アラート・コンソールのメリット

収益の増加

Gallup Business Journalによると、確固たるエンゲージメントが構築されている顧客は、その他の顧客と比べて23%多くの顧客内シェア、採算性、収益をもたらします。

生涯顧客の創出

気象アラートが顧客との有意義なタッチポイントを生み出し、信頼とブランド・ロイヤルティーの構築、および顧客維持へとつながります。

洞察のビジネス機会への変換

ダッシュボードのレポートには、アラートの影響が表示されます。これを利用して、将来のタッチポイントを顧客にとってさらに価値のあるものにするための戦略を策定できます。

現場作業員と機器の保護

事前に気象災害の可能性を通知することで、最前線で働く作業員を守ることができます。

手動のコミュニケーションで発生するコストの削減

標準化され、タイムリーで自動化された警告システムの導入により、現場作業員に差し迫った気象の変化を知らせる一方で、コストを削減し、ダウンタイムを短縮できます。

徐々に効率性を向上

ダッシュボードのレポートには、現場作業員へのアラートの詳細と結果が表示されるため、気象危機のたびにシステムを微調整して、今後に向けて効率性を高めることができます。

拡張が容易なアラートの主要な機能

ハイパーローカルで、正確なアラート

アラートは、260億件の毎日の天気予報、世界中の25万カ所の気象観測所、さらには100人を超える気象学者からの、最も正確な気象データを基にして起動されます。 このデータは、一般の気象データより100倍も詳細な情報を提供し、15分ごとに更新されます。

カスタマイズ可能なアラート・メッセージ

特定の気象イベントや重大度レベルに基づいて、気象危機に対するカスタム・アラート・トリガーを設定します。 アラートはEメール、SMS、またはお客様の既存のメッセージング・システムによって送信されます。

測定可能な影響

ダッシュボードには、アラートの送信先、受信されたアラートの種類、アラートの送信日時が表示されます。 データはスプレッドシートにエクスポートして、Watson Analyticsや、ご使用の分析ツールによって、より詳細に分析できます。

迅速かつ簡単な導入

クラウド・ベースの気象アラートは、迅速かつ容易なセルフサービスです。 The Weather Companyのライブ・ヘルプはいつでも利用可能ですが、気象アラートには、専門的なハードウェア、ソフトウェア、ITサポートは必要ありません。

アラートの例

次のステップ