工場の煙突から煙が立ち上っている様子

炭素会計の簡素化、自動化、運用

政府、投資家、消費者からのプレッシャーが高まる中、企業は率先して温室効果ガス(GHG)の排出量の説明と報告を行っています。 Carbon Performance Engineの炭素会計APIは、6つのエンドポイント (定常排出量、漏えい排出量、移動の排出量、ロケーション基準算定排出量、マーケット基準算定排出量、輸送・配送の排出量)の集合となっており、いずれもGHGプロトコルに準拠しています。 これらのAPIを構造化されたデータ・セットに対して使用することで、スコープ1、2、3の排出量を算定できます。

Carbon Performance Engineのメリット

人工知能を活用

データ(国によって異なる、漏出ガスの名称など)を処理するため、異常検出機能と自然言語処理機能を持つ、AIを活用した組み込み済みの拡張機能を利用できます。

デジタル・トランスフォーメーションを加速

これらのAPIを使用してデータ変換を自動化することで、排出量データを素早く炭素換算量に変換することができます。

参照データを専門的に管理

ガイダンスや基準がどのように進化しても、簡単なプロセスで参照データを更新できます。 お客様の代わりに、これらのAPIによってデータ・ポイントが自動的に更新されます。

リソースの紹介

熱帯の気象配置の空中写真

環境インテリジェンスとはビジネス・インテリジェンス

天候を問わずプロアクティブに対応し、ビジネスの中断を回避し、レジリエントな体制を維持する方法について説明します。

氷山の上の2頭のホッキョクグマ

気候変動に適応するか絶滅の危機か

気候変動の中でシステムのリスクを軽減し、市場機会を最大化するために、サステナビリティー戦略を定式化する方法について説明します。

風車の模型を観察する男性

企業のサステナビリティーとESGへの取り組みでのCIOとテクノロジーの役割

企業のサステナビリティーと気候の効果的戦略の中心となる主要なテクノロジーを調整する際のCIOの重要性について説明します。

機能とサービス

定常排出量API

用途: 暖房用またはその他の産業用途の化石燃料の燃焼による排出量の算定

漏えい排出量API(冷媒)

用途: 温室効果ガスの(冷凍装置や空調装置などからの)漏出量の算定

移動排出量

用途: 移動発生源の燃料消費による排出量の算定

ロケーション基準の排出量

用途: 特定の電力網(例えば、エネルギー消費が発生し、排出係数の入力を必要としない電力網)の平均排出係数の反映

マーケット基準の排出量

用途: 企業が意図的に選択した電力からの排出量を反映。 再生可能エネルギー・クレジットの計算にも使用可能。

輸送・配送

用途: 報告を行う企業が購入した製品の上流輸送と配送、出張目的、従業員の通勤に対応

次のステップ