IBM Weather Operations Centerダッシュボードのスクリーン・ショット

アグリビジネスはデジタル・トランスフォーメーションの最前線

食品の品質、栄養成分、サステナビリティーに対する消費者の要求がますます高まることで、農業全体の変革に拍車がかかっています。生産者と食品会社が、生産量を増やしながらこれらの高まる期待に応えようと努力しているためです。

ビジネスの収益性を向上させ、より多くの収穫を得るために、畑や作物のデータを活用するさまざまなソリューションが提案されています。一方で、ある種の障壁により、生産者にはデジタル・トランスフォーメーションへの抵抗と、伝統的な手法への固執が生じています。 例えば、新しいアプローチの多くでは、ソリューションを容易に機能させるために生産者が手動でデータを入力する必要があること、または必要な情報の参照やアクセスのためにリモートでのインターネット・アクセスが必要になることがあります。 その結果、膨大な量の農業データが生成されているにもかかわらず、データが活用されないという事態になります。

農業での迅速かつスマートな意思決定

IBM Environmental Intelligence SuiteのRegenerative Agricultureでは、人工知能(AI)、データ分析、予測的洞察の力を、独自の農業用IoT(モノのインターネット)データ、食品とアグリビジネス業界の熟練リーダーの専門知識、数十年にわたるIBMの研究と組み合わせることで、デジタル・トランスフォーメーションの障害を克服できるようにします。

カスタマイズされた低コストのソリューション・スイートが提供されるため、エコシステム全体の利害関係者がより迅速に、より多くの情報に基づいて農業に関する意思決定を行えるようになります。

屋内農場でタブレットを使用して植物をモニターしている作業員

Regenerative Agricultureのメリット

収益性の向上

衛星画像、気象、サポートされている農業機器のデータなどに関する分析を実行し、対象作物全体で1ヘクタール当たりの生産量を増やすのに役立つ洞察を得ることができます。

サステナビリティーの向上

作物投入量の最適化、エネルギー消費、土地と水の利用、土壌の保全、土壌の炭素含有量、温室効果ガス排出などの要因について、より深い洞察を得ることができます。

高品質の作物生産

独自の農業データの洞察を活用して、大麦のタンパク質含有量やビートの糖度の増加など、より高品質な作物を生産できるようにします。

農業エコシステム全体の意思決定の改善

IBM Environmental Intelligence SuiteのRegenerative Agricultureは、複数の職務にわたる利害関係者間のデータの受け渡しも自動化します。これにより、透明性の高い、連携したエコシステムが構築され、以下のような役割を持つ非生産者にも価値をもたらします。

  • 食品生産者:収穫時期や収穫量の予測可能性が高い統合サプライチェーンを採用します。
  • 商品取引業者:多層地理空間分析にカスタム予測クエリーを使用して、生産者の価格安定を促進します。
  • 農業金融機関:収穫量の実績と可能性を検証することで、生産者に負担の小さい融資を提供します。
  • 保険代理店:検証済みのEFRデータを使用してリスクの洞察と請求処理を改善することにより、生産者に対してよりスマートな料金を提供します。
  • 行政:生産者と行政機関に共通のツールを提供することにより、食糧自給戦略を改善します。

クランベリー湿原での操業