デジタル・ツインなしのAIは存在しません

IBM Digital Twin Exchangeは、IBM Maximo Enterprise Asset Managementなどのソリューションを使用して企業全体のデジタル資産を管理する組織を含む、資産集約型の業界向けのリソースです。

コンテンツ・プロバイダーは、デジタル・ツインの掲載、在庫管理、料金体系の設定を簡単に行えます。

デジタル・ツインのお客様は、急速に拡大しているIBMのパートナー・エコシステムが提供するデジタル・ツインを参照、購入、ダウンロード、管理できます。

Digital Twin Exchangeのコンテンツの例:

現在、Digital Twin Exchangeでは、以下の種類のダウンロード可能なデジタル・ツインがサポートされています。

  • 部品表
  • パーツ・リスト
  • ユーザー・マニュアル
  • エンジニアリング・マニュアル
  • 障害コード
  • 2D/3D CADファイル
  • AR/VRモデル
  • 保守マニュアル
  • 保守計画
  • 運用モデル
  • 将来の技術者向けのリモート・プロシージャー
  • 在庫管理戦略
  • 予測モデル
  • ビルディング・インフォメーション・モデル(BIM)
  • サービス・マニュアル

 

机に向かってノートPCを使用して仕事をしている人々のグラフィック・イラスト

デジタル・ツインのお客様は、デジタル・ツインを購入できます

デジタル・ツインを要求

デジタル・ツインのお客様がデジタル・ツインを要求すると、IBMが各メーカーにそれらのデジタル・ツインをIBM Digital Twin Exchangeで提供するように依頼します。

必要なデジタル・ツインを検索

デジタル・ツインのお客様は、カテゴリー・メニュー内を探索したり、キーワードやフィルターを使用して検索したり、業界、メーカー、料金で検索することで、特定のデジタル・ツインを見つけることができます。

デジタル・ツインをワンクリックでダウンロード

デジタル・ツインのお客様は、デジタル・ツインの参照、カートへの追加、清算、ダウンロードを数分で行えます。

コンテンツ・プロバイダーは、販売するデジタル・ツインを掲載できます

簡単にデジタル資産情報を提供

コンテンツ・プロバイダーは、Digital Twin Exchangeに素早く簡単に何千もの製品を個別または一括でアップロードし、独自の料金体系と説明を設定できます。

完全に暗号化および保護されたデータ・ストレージとアクセス保護

デジタル・ダウンロードは暗号化され、Digital Twin Exchangeを通して購入されない限りアクセスを制限するアクセス制御付きで保管されます。

既存のMaximoインストール・ベースに公開

企業は、Digital Twin Exchangeにデジタル・ツインを掲載すると、3,000以上の顧客から成るMaximoの大規模な顧客ベースに自社を公開し、Maximoの採用を加速させるツールやテンプレートを使用できます。

IBM Cloudで使用可能

この製品は、アプリケーションの作成、実装、管理を素早く簡単にオープンソース環境のIBM Cloudで実施できます。