よくあるご質問(FAQ)

FAQ

ご利用にあたって

IBM Db2 Event Storeには、このオファリングを購入する前に試すことができる無料のダウンロード版はありますか。

はい。 Mac、Windows、またはLinuxの各環境にIBM DB2 Event Store Developer Editionを無料でインストールできます。その後、単一のノードを使用して1秒あたり最大10万件のレコードの取り込みと照会が可能になります。Enterprise Editionでは、ノードごとに1秒あたり100万件のレコードの取り込みと照会が可能です。

使用開始を支援してくれるTech Talkはありますか。

はい。Db2シニア技術スタッフやマスター・インベンターが、Db2 Event Storeのオンライン・ウォークスルーを行って、お客様が素早く稼働を開始して、これまでなかったほど高速でデータを取り込んで分析できるよう支援します。以下の「Tech Talkを聞く」のリンクをクリックして、無料かつオンデマンドで利用可能なTech Talkにご参加ください。

Jupyterノートブックの使用を含むDb2 Event Storeのコードに関する製品デモはありますか。

はい。 以下の「デモを見る」のリンクをクリックするとDb2 Event Storeの製品デモを見ることができ、このページの上にあるナビゲーション・バーの「参考情報」メニューから「資料ライブラリー」を選択しすると他のデモを見ることができます。

Db2 Event Store Developer Editionのシステム要件を教えてください。

Db2 Event Store 1.1.3については、このページの下にある「Knowledge Center」リンクからアクセスできる資料にある、Developer Editionのシステム要件を参照してください。異なるバージョンを使用している場合は、このページで情報が必要なバージョンを選択できます。

Db2 Event Store Developer Editionのインストール方法に関する説明はありますか。

はい。 Db2 Event Store 1.1.3については、このページの下にある「Knowledge Center」リンクからアクセスできる資料にある、Developer Editionのインストール方法を参照してください。異なるバージョンを使用している場合は、このページで情報が必要なバージョンを選択できます。

Db2 Event StoreをIBM Cloud Pak for Data上にデプロイする必要があるのは何故ですか。

IBM Cloud Pak for Dataは、Red Hat OpenShiftコンテナ・プラットフォーム上でデータとAIを完全に統合するプラットフォームを提供します。本製品を導入すると、ビジネス全体で業務に役立つAIを活用しながら、データを収集、編成、分析できるオールインワン型の統合システム設計が実現し、データから洞察を生み出すプロセスを簡素化し、自動化できます。IBM Cloud Pak for Dataに組み込まれたDb2 Event Storeの機能により、リアルタイムで処理を行うデータベースとストリーミングのフレームワークを機械学習と統合することで、迅速に提供されるデータを取り込み、分析し、アクションを起こすことができます。この結果、ユーザーはリアルタイムでAIの価値を実現できます。

IBM Cloud Pak for Data上にDb2 Event Storeをデプロイする方法に関する資料はありますか。

はい。データベース環境の計画と準備に関する詳細説明とインストール方法については、IBM Cloud Pak for Dataの製品ハブを参照してください。

サポート

トラブルシューティングについての資料はありますか。

はい。 IBM Knowledge Centerには、Db2 Event Storeアプリケーションに関する問題のトラブルシューティング専用のページがあります。Db2 Event Store 1.1.3については、このページの下にある「Knowledge Center」リンクからアクセスできる資料を参照してください。異なるバージョンを使用している場合は、このページで情報が必要なバージョンを選択できます。

その他一般的なご質問

Db2 Event Storeに関する業界のユース・ケースのデモはありますか。

はい。 Db2 Event Storeには多くの業界およびIoTのユース・ケースがありますが、小売業のデモで良い例が提供されています。このデモでは、Db2 Event Storeがクリック・ストリーム・データから顧客に関する洞察を引き出す方法が示されています。 

Db2 Event StoreはIBM Watson Studio(以前のIBM Data Science Experience)と統合されていますか。

Db2 Event StoreにはIBM Watson Studioが含まれているため、Jupyterノートブックを活用できます。以下の「デモ動画を見る」のリンクをクリックし、「Db2 Event StoreとJupyterノートブックを統合する」をクリックすると、Db2 Event StoreとともにJupyterノートブックを使用する方法を確認できます。