Data Server Managerは新しくなりIBM Db2 Data Management Consoleとなりました

Data Server Managerは新しくなりIBM Db2 Data Management Consoleとなりました ブログを読む (英語)

IBM Db2 Data Management Consoleとは

IBM Db2® Data Management Consoleは、IBM Db2 for Linux, UNIX and Windowsのデータベースのパフォーマンスの制御、監視、管理、最適化を支援する新しいブラウザー・ベースのコンソールです。IBMのクラウド・ベースのシステムとアプライアンスの場合、このコンソールはすぐに使用可能な状態でセットアップされています。Db2 Data Management Consoleは、追加料金なしですべてのIBM Db2エディションにパッケージされています。

メリット

迅速なデプロイメント

数分以内にノートPC上で稼働させることも、チーム全体のためにサーバー上にインストールすることもできます。

デザイン主導型のユーザー・エクスペリエンス

このコンソールは、Db2の上級者ユーザーにも初心者ユーザーにも使いやすい設計になっています。

企業対応

企業全体の状況を1つの画面で確認できます。Eメールによるアラート、SNMPおよびRESTful API、LDAP統合により、お客様の企業に合わせてコンソールを準備できます。

常に無料

追加コストもライセンスの制限もありません。このコンソールは、Db2およびDb2ファミリーのすべてのエディションに含まれています。

安全性の高い環境

高い可用性とセキュリティーが組み込まれています。

共通のコード・ベースを基に構築

すべてのDb2オファリングには、IBMのイノベーションと改善が活かされています。

主要な機能

  • リアルタイムと履歴の監視
  • アラートと通知
  • SQLエディターを完全に統合
  • データベース・オブジェクトの探索と管理
  • 構成可能なユーザー・インターフェースによるチーム・コラボレーション
  • RESTfulサービスのAPIをサポート

製品イメージ

Next Steps

データとAIの活用にお困りですか?