データ品質の監視
デモの予約 Gartner社のレポートを読む
IBM Databandのデータ品質の監視機能の主な要素を示した図

IBM® Databandは、データ品質の低さの問題を検出する、信頼性の高いリアルタイムのデータ品質の監視機能を提供します。

データの問題は表面化しないことが多いため、データ・エンジニアリング・チームは、あるポイントから次のポイントまで、データ・パイプラインを実行するだけでは不十分であることを理解しています。しかし、配信データに含まれる行と値は何千にも及ぶため、データ自体の遅延や品質の低下、変動性が見落とされることはよくあります。

IBM Databandのデータ品質の監視機能は、お客様のデータ・パイプラインとデータ・セットに接続して、スキーマの変更や重複、NULL値、データ鮮度に関する問題に対してアラートを通知します。また、データ・セットを経時的に視覚化できるため、傾向を分析し、早急な対応が必要なデータ品質のパターンを見つけることができます。

メリット データ健全性の維持

Databandが列レベルの変更や不規則な値、その他のプロファイリングの異常が発生した場合に通知するため、データ品質の向上を図れます。

データSLAの保証

データ鮮度に関するルールを設定することで、データ・セットが保証されたサービス・レベル(SLA)の期間内に更新されなかった場合にこれを把握できます。

ダウンストリームへの影響の回避

データ品質のエラーが発生した場合に、依存するタスクとデータ・セットを特定できるため、透明性の確保や修復作業の優先順位付けに役立ちます。

主な機能
集中監視 Databandがデータ品質アラートを統合ビューに一元的に表示するため、データ健全性の全体像を把握できます。アラートの詳細を掘り下げて、コンテキストを把握し、問題を迅速に解決します。

データ・セットの傾向レポート 読み書きされた行と運用に関する傾向レベルの日次のグラフを取得できます。最も重要なパイプラインとデータ・セットを並べ替えて、問題のあるパターンを特定できます。Databandが、予期しない件数の変化を検出し、強調表示します。

影響分析 データ品質の問題が発生した場合に、Databandのエンドツーエンドのリネージュが、影響を受ける依存データ・セットとパイプラインを明確に示し、必要なときに全体像を把握できます。
統合

Databandは、データ・パイプラインとの統合や、すでに利用されているApache AirflowやIBM DataStageなどの統合ツールとの連携を通じて、お客様のデータ・ファブリックと最新のデータ・スタック全体に対する継続的なデータ可観測性を提供します。

統合の詳細はこちら
詳細情報はこちら

IBM Databand を使用してプロアクティブなデータ可観測性を今すぐ実装して、データの健全性の問題が発生したことをユーザーよりも前に知ることができます。

デモの予約
その他の参考情報 資料 ブログ デモ一覧 参考情報