データインシデント管理
デモの予約 Gartner社のレポートを読む
IBM Databandのデータ・インシデント管理機能の主要な要素を示した図

IBM® Databandは、データ・インシデントを単に観察するだけでなく、迅速に解決するために、一元的なデータ・インシデント管理機能を提供します。

重要なパイプラインが停止したことや、データ・セットが配信されないことを知りために、何時間も待つ余裕はありません。従来のデータ監視ツールや事後対応型の可観測性ソリューションでは、データの保証されたサービス・レベル(SLA)の違反につながることがよくあります。

IBM Databandは、データ・インシデント管理を一元化し、画面を切り替えることなく、すべてのデータ・インシデントを遅滞なく確認、対応、解決できます。データ配信の失敗、予期せぬスキーマの変更、列レベルの異常についてのカスタム・アラートを作成し、データに関するすべての関係者にリアルタイムでアラートを送信して、データ品質の問題の根本原因を解決する優れたコミュニケーション・ワークフローを構築します。

メリット データ・インシデントをリアルタイムで検出

データ・インシデントをリアルタイムに把握できます。Databandは、特定のデータ・セット、データレイクの場所、パイプライン、テーブルのデータ・インシデントをプロアクティブに特定します。

信頼性の高いデータのSLAを提供

Databandのインシデント管理は、問題の検知、アラート、ルーティングが自動化されており、配信期限の前にデータの問題を特定し、修正できます。

エラーをより迅速に解決

迅速に修復するためには、適切な担当者が必要なコンテキストを把握する必要があります。Databandのカスタム通知と根本原因分析は、ログとエラーの情報を一元化し、関係者にアラートで通知します。

主な機能
包括的なダッシュボード Databandは、データ・スタック全体のデータ・インシデントを管理し、すべての実行、タスク、エラーを一元的に可視化できます。

カスタマイズ可能なアラート アラートによる負荷を軽減し、データ・エンジニアリング・チームとプラットフォーム・チームの集中力を維持します。データ配信の失敗、予期せぬスキーマの変更、列レベルの統計情報の異常など、データのSLAに関して、重大度に基づくアラートを設定できます。

自動通知 データ・インシデントが発生した際には、迅速な対応が不可欠です。Databandは、Slack、PagerDuty、Eメールなど、お客様が使い慣れたツールを使用して、データに関する特定の関係者にアラートをリアルタイムで通知します。

根本原因分析 Databandは、タスク実行元のメタデータとログを追跡するため、お客様はすべてのログとエラー情報に1カ所でアクセスできます。データとコードの変更の傾向を比較して、問題の根本原因を素早く特定できます。
統合

Databandは、データ・パイプラインとの統合や、すでに利用されているApache AirflowやIBM DataStageなどの統合ツールとの連携を通じて、お客様のデータ・ファブリックと最新のデータ・スタック全体に対する継続的なデータ可観測性を提供します。

統合の詳細はこちら
次のステップ

IBM Databand を使用してプロアクティブなデータ可観測性を今すぐ実装して、データの健全性の問題が発生したことをユーザーよりも前に知ることができます。

デモの予約
その他の参考情報 資料 ブログ デモ一覧 参考情報