データ異常検知ソリューション
デモの予約 Gartner社のレポートを読む
IBM Databandのデータ異常検知機能の主な要素を示した図

IBM® Databandは、データ・パイプラインとデータ・セットから、予期せぬ不良データを排除するための自動異常検知機能を提供します。

今日のデータ・プラットフォーム・チームは、データの信頼性と品質に関するインシデントが発生した場合、事後対応に終始することが多く、発生の数時間後、あるいは数日後にダウンストリームのユーザーに発見されることがよくあります。データ・エンジニアリング・チームは責任を問われ、損害の修復に数カ月かかる場合もあります。

IBM Databandは、機械学習(ML)を利用した異常検知機能を備えており、データ・インシデントが発生した場合、直ちに通知します。データ・スタックのメタデータから過去のベースラインを構築し、運用がそこから逸脱した場合は、適切なアラートのワークフローが発動します。これにより、何も見逃すことなく、迅速にアクションを取ることができます。

 

メリット データの信頼性を向上

データの異常をメタデータからリアルタイムで検出することで、アナリストの分析結果への信頼が高まり、十分な情報に基づいた意思決定と成果の向上につながります。

正確性の継続的な確保

すぐに使用できるカスタマイズ可能なトリガー・アラート機能を通じて、24時間365日体制で異常を検出し、正確なデータのみをユーザーに届けることができます。

パイプラインの遡及的な改善

エンジニアは過去のパイプライン・データを調べることで、異常をさかのぼって調査し、将来のパイプラインのパフォーマンスを最適化できます。

主な機能
異常検知ダッシュボード Databandは、機械学習を利用した検出を通じて、パイプラインとデータ・セットのメタデータを継続的に分析、監視し、異常を検出します。一元的なダッシュボードに表示されるアラートは、調整可能なルックバック・パラメーターと感度設定を用いてファイン・チューニングできます。

アラートの設定と管理 Databandは、実行期間、タスク期間、入力数、出力数など、すぐに使えるメトリクスを含む、重大度別に優先順位付けされたすべてのアラートの統合ビューを提供します。また、プロセスとデータ品質の逸脱に関するしきい値を使用して、カスタム・アラートを設定できます。

根本原因分析 Databandは、タスク実行元のメタデータとログを追跡することから、お客様はすべてのログとエラー情報に1カ所でアクセスできます。データとコードの変更の傾向を比較して、データ異常の根本原因を素早く特定します。
統合

Databandは、データ・パイプラインとの統合や、すでに利用されているApache AirflowやIBM DataStageなどの統合ツールとの連携を通じて、お客様のデータ・ファブリックと最新のデータ・スタック全体に対する継続的なデータ可観測性を提供します。

統合の詳細はこちら
詳細情報はこちら

IBM Databand を使用してプロアクティブなデータ可観測性を今すぐ実装して、データの健全性の問題が発生したことをユーザーよりも前に知ることができます。

デモの予約
その他の参考情報 資料 ブログ デモ一覧 参考情報