アプリケーション・リスク管理

脆弱性から証明書の期限切れまで、ビジネス・アプリケーションのリスクをシームレスに管理し、軽減します。

待機リストに登録する

IBM Concertは、アプリケーションの脆弱性にプロアクティブに優先順位を付け、これを緩和、追跡して、回復力のある運用を確保します。アプリケーション所有者とサイト信頼性エンジニアリング(SRE)を支援します。

 

IBM Concertは、アプリケーション所有者がビジネス・アプリケーションのリスク管理に取り組む方法を変革します。生成AIを搭載したConcertによって、担当者はアプリケーションの運用を詳細に把握し、アプリケーション全体で発見されたセキュリティーの脆弱性とその影響に関する理解を深めることができます。従来のアプローチとは異なり、Concertは各アプリケーションに合わせて実用的な推奨事項を調整し、業務への影響に基づいて解決策に優先順位を付けます。

メリット リスクを完全に可視化

CVEとセキュリティー証明書の管理を単一の対話型ダッシュボードに統合して、完全な可視性を実現します。

影響に基づくリスクの優先順位付け

CVEと証明書をその影響に基づいて順位付けするAI駆動型の分析により、集中的で効率的なリスク軽減を実現します。

リスクの影響を評価

リスクの「爆発半径」を評価し、脆弱性や期限切れの証明書が業務に与える影響について把握します。

CVE緩和の推奨事項の取得

自然言語を使用してCVE軽減のための具体的な提案を取得し、コンテキストとその後のアクションを即座に詳細に把握します。

既存のツールを接続して修復を迅速化

ServiceNowやJira、GitHubへのシームレスな統合により、提案されたアクションを実用的な洞察に変換し、修復時間をさらに短縮します。

過去の緩和策からの学びを応用

CVEがアプリケーションにどのような影響を与えたかを時系列で示し、過去のCVE緩和策の影響を説明します。

次のステップ

IBM Concertのコンテンツ、Webセミナー、トライアルへの早期アクセスをご希望のお客様は、専用の待機リストにご登録ください。

待機リストに登録する