IBM Comprehend Lite Services
さまざまな学習ニーズに対応するための学習コンポーネント
タブレット、携帯電話、ノートブックで一緒に働くチーム
ビジネス価値

Comprehend Liteを使用すると、組織は従業員、顧客、ビジネス・パートナー向けのトレーニングを迅速に開始、追跡、レポートできます。ソフトウェアをインストールすることなく、デスクトップ、モバイル・デバイス、タブレットにトレーニングを迅速かつ安全に配信できます。コンテンツへのアクセスを制御し、ユーザーの参加とテストのスコアを追跡します。

主な機能
レポートと分析

X86、Power、System Z などの主流のソフトウェアとハードウェアをサポートします。複数の仮想化テクノロジー(ESXi、KVM、PowerVM、z/VM など)をサポートします

学習者の関与

興味深く、刺激的で、タイムリーなプログラムを提供する。トレーニングをデスクトップ、モバイル・デバイス、タブレットに配信することで、トレーニングに簡単にアクセスできるようになります。

変化する需要に対応して、必要なだけ迅速にスケールアップします。

変化する需要に対応して、必要なだけ迅速にスケールアップします。

評価

パーソナライズされた修了証明書を提供します。顧客に働きかけ、パートナーの功績を称えて報酬を与えます。

安全性

トレーニングへの参加を許可された人だけがプログラムにアクセスできるように、コンテンツを保護します。

従業員のトレーニングが簡単に

チャレンジ

Fortune 500企業は、評判の高いダイバーシティおよびインクルージョン・プログラムを他の組織でも利用できるようにしたいと考えていました。課題は、プログラムをオンラインで利用できるようにしながら、プログラムを採用した組織が従業員へのアクセスを制御し、組織の完了記録を提供できるようにすることでした。

ソリューション

Comprehend Liteを使用すると、Fortune 500企業がプログラムを共有できるようになります。組織は簡単にシートを購入し、プログラムに即座にアクセスできるようになりました。このプログラムはデスクトップ、モバイル・デバイス、タブレットで視聴できるため、簡単に利用できました。

カスタマー・トレーニング

チャレンジ

あるソフトウェア会社は、限られた数の顧客に新機能を提供していました。同社はトレーニングを迅速に提供する方法を必要としていた。また、サポートを求めているクライアントがトレーニングを完了しているかどうかも知りたいと考えていました。

ソリューション

Comprehend Liteにより、同社はターゲットを絞った顧客グループにトレーニングを提供できるようになりました。ヘルプデスクは、トレーニング・レポートのデータを使用して、発信者がトレーニングを完了したかどうか、スコアはどのようになったのか、発信者の組織内の何名が新しいソフトウェアの学習に時間を費やしたかを知ることができました。このデータはヘルプデスクに優位性をもたらしました。ヘルプデスクは、クライアントがトレーニングのどの部分を習得するのが難しいかを知っていました。

インフラストラクチャーのない組織

チャレンジ

対面での教室トレーニングを長年行ってきたこの企業には、eラーニング・インフラストラクチャーが不足していました。従業員がオフィスに復帰できるよう迅速に準備する必要がありました。

ソリューション

Comprehend Liteを使用すると、組織は従業員の職場復帰に備えたプログラムを迅速に開始して追跡できるようになりました。このコースは迅速に実施され、ユーザーは簡単にアクセスして完了することができました。

IBMにお問い合わせください。お手伝いします

製品、販売、サポート、その他 IBM に関する質問に答える