概要

必要な分だけご購入いただけます

IBM Cloud Pak® for Watson AIOpsを使用してIT運用を自動化します。 モジュール式の料金体系で、必要な分だけを購入できます。 利用中のお客様には、現在の資格を使用する、買い替える、新規に購入する、という選択肢があります。 制限付きのRed Hat® OpenShift®が無料で含まれます。

お支払いオプション

プロジェクト承認をお急ぎの場合、 IBMはお客様と協力して、先行投資の現金支出を最小限に抑え、支払い額をプロジェクトの予想利益に合わせて調整できます。 お客様の予算要件に合わせた支払いプランの作成については、IBM担当者までお気軽にご相談ください。

アプリケーションへの影響の回避

AIOpsによるプロアクティブなIT管理

ご利用上のメリット

概要

アプリケーション、インフラストラクチャー、IT環境におけるプロアクティブな問題回避により、アプリケーションの可用性が向上し、リスクが低下します。

機能

データ・サイロ全体での異常検出

ログとメトリックを使った異常予測モデルでは、エンティティー・リンキング、および空間、時間、トポロジーに基づくアルゴリズムなどの技法を活用して、イベント・ノイズを低減させます。

アプリケーション・トポロジーと依存関係マッピング

AI駆動型のイベント・グルーピング、障害検出、障害影響範囲の各モデルは、マイクロサービスとトポロジー全体での下流への依存関係を自動的に特定するのに役立ちます。

自動ベースライン設定

アプリケーション・トポロジー全体のあらゆるデータ・ソースからのメトリックは、環境全体でのアプリケーションとインフラストラクチャーの通常パフォーマンスを自動的に決定して、予測的管理を実現するのに役立ちます。

ネクスト・ベスト・アクション

インシデント類似性モデルは、過去のインシデント履歴を使用して潜在的な問題をプロアクティブに識別し、「ネクスト・ベスト・アクション」の推奨を自動的に提示します。

ChatOps

IBMのアプリケーション中心型の管理アプローチでは、ITOpsのツールチェーン全体のすべてのインシデントとアラートが、選択したChatOpsツールに表示されます。これにより、アプリケーションに大きな影響を及ぼす問題が特定されます。

AIモデル管理

チームがAIモデルをより良く管理、トレーニング、規定して、完全な透明性をAIに取り込めるようにし、毎日の成果を改善するための管理機能です。

含まれるコンポーネント

Red Hat® Enterprise Linux

ベアメタル、VM、コンテナ、およびあらゆるタイプのクラウド環境にわたり、既存のアプリケーションの拡張や、新興テクノロジーのロールアウトを可能にする基盤です。

OpenShiftコンテナ・プラットフォーム

優れたアプリケーションをより迅速に構築して提供するための、ハイブリッドクラウドのエンタープライズ向けKubernetesプラットフォーム

共通サービス

拡張サポートのためのIBM Cloud Pakの基盤サービス

自動化

ITOpsツールチェーン全体にわたる、タスクおよびプロセスの自動化

必要なもの

クラウド・サービス

任意のプラットフォーム上でアプリケーションを継続的にモダナイズします。

カスタム・ソリューション

独自のユースケースの作成

料金についてはお問い合わせください。

お客様のニーズと現在のセットアップに基づいた、ITOpsツールチェーン全体でのプロセス最適化をIBMが支援いたします。

IBMはお客様と協力して、初期費用を回避し、カスタム・ソリューションの柔軟な支払いプランを作成することもできます。早期のROIを達成できるようになります。