文書処理
AIによるビジネス情報の抽出と適用
PEAK Matrix®評価を読む 技術文書を参照
ノートパソコンとスクリーンに接続されたウェブ・ブラウザのイラスト
文書処理とは何ですか?

ドキュメント処理は、ビジネス ドキュメントに埋め込まれた非構造化コンテンツを、ビジネス プロセスに役立つ構造化データに変換することを自動化します。これにより、ビジネス ユーザーは紙文書、電子文書、画像から貴重なデータをより簡単かつ正確に抽出できるようになります。

ユースケース
必要な情報を抽出する 形式に関係なく、構造化、半構造化、非構造化のビジネス ドキュメントから必要なデータを読み取り、抽出します。ドキュメントをタイプ別に分類して、抽出するデータ フィールドを決定します。機械学習モデルはフォームやステートメントからデータを抽出し、自然言語処理は会話テキストからデータを抽出します。文書処理では、文書が署名されているかどうか、またはボックスがチェックされているかどうかも判断されます。

エラーを排除して信頼できるデータを生成 ボトルネックを引き起こす可能性のある、抽出されたデータまたはドキュメント分類のエラーを自動的に検出して修正します。AI を活用したサービスは、ビジネスの成果を向上させるために信頼できるデータを生成します。人間参加型機能を使用して、問題にフラグを立て、欠落しているデータを追加し、抽出したデータを検証します。ソースドキュメントのテキストを自動的に書式設定または変換することで、データの外観を標準化します。

必要な場所にデータを取得 ドキュメントから抽出されたデータを下流のアプリケーションやビジネス プロセスに適用します。データをワークフロー、ロボット プロセス オートメーション (RPA) ボット、またはビジネス アプリケーションにフィードします。規制要件に準拠するために、文書を記録としてアーカイブまたは宣言し、長期保存します。ユーザーの役割に基づいてセキュリティ権限を設定したり、機密情報を編集したりできます。データを使用してパターンと洞察を明らかにし、より多くの情報に基づいたビジネス上の意思決定を推進します。
文書処理機能

AI を活用したサービスは、ビジネスの成果を向上させるために信頼できるデータを生成します

コード不要のセットアップエクスペリエンス

アプリケーションを構築するための視覚的なクリックスルー アプローチを使用してドキュメント処理フローを作成します。

データ抽出

構造化ドキュメント、半構造化ドキュメント、非構造化ドキュメントからデータを抽出します。

分類

異種のドキュメントを特定し、適切なバケットに分類します。

自動エラー修正

誤って抽出されたデータ、または強化する必要があるデータを検出して修正します。

あらゆる段階でのAI

データの収集と強化から新しい種類のドキュメントのトレーニングに至るまで、ビジネス プロセス全体に AI を導入します。

事前に構築されたテンプレート

ドキュメントに関連するプロセスをカスタマイズできる事前構築されたテンプレートを使用して、あらゆるビジネス ニーズに適応します。

トレーニングが簡単なモデル

アプリケーションのセットアップや機械学習モデルのトレーニングにデータ サイエンティストは必要ありません。

主なユースケース アカウントのサービス

「顧客住所」や「口座番号」などの一般的なフィールドを読み取るか、PDF フォーム定義を直接読み取ることで、ドキュメントのトレーニング プロセスをすぐに開始できます。RPA を使用して、企業システムへのデータ入力を自動化します。アカウント閉鎖リクエストを特定し、エージェントに転送して顧客維持率を高めます。

自動登録

プログラム登録のための非効率的な手動のスプレッドシート処理を排除します。段階的なプロセスをユーザーに案内し、登録フォームの主要なフィールドを認識できるようにシステムをトレーニングします。データおよび通貨フィールドが正確に認識されていることを確認し、カスタム バリデータを使用して一意のフィールドを処理します。

顧客からの見積もりの迅速化

申請書類を自動的に読み取って分類し、適切なデータを抽出することで、顧客の見積と承認のプロセスを迅速化します。抽出されたデータは標準化された形式で返され、人間による検証により完全かつ正確であるため、競合他社よりも早く見積もりに応答できます。

お客様事例 Bank of Montreal

請求書の支払いを6倍高速化するプロセスを自動化

動画を見る(2:54)
Turkcell

顧客維持率の向上と規制コンプライアンスの管理

動画を見る(01:44)
PowerSouthエネルギー協同組合

スマートなコンテンツ管理で電力サービスの流れを維持

動画を見る(02:49)

自動化の基盤

共有コンポーネント

一度構築すれば再利用可能

一連の共通の AI および自動化コンポーネントが各 IBM Cloud Pak® を強化し、それらの間でセキュリティーが強化された統合を提供するため、一度構築すれば、ビジネスおよび IT 運用全体で再利用できます。主要なコンポーネントには次のものが含まれます。

  • プロセスの展開の傾向、パターン、詳細を特定するプロセスマイニング
  • 反復的なタスクを自動化するロボティック プロセス オートメーション (RPA)
  • 簡単に実行できる RPA の機会を見つけるためのタスク マイニング
  • 再利用可能な自動化アーティファクトを保存および共有するための統合アセット リポジトリ
  • イベント データをリアルタイムで処理し、機械学習にフィードする単一のイベント ハブ
ワークオーケストレーション

パーソナルでインタラクティブな AI

電子メール、カレンダー、Slack コラボレーション ソフトウェアなど、すでに使用しているツールに独自のインタラクティブ AI を従業員に提供し、日常業務やミッション クリティカルなタスクをより迅速に実行できるようにします。話すだけで作業を開始すると、強力な AI エンジンが、組織の知識と事前のやり取りに基づいて、事前にパッケージ化されたスキルを組み合わせて機能します。

エンタープライズグレードのコンテナ

どこにでも導入

自動化基盤と IBM Cloud Pak は、エンタープライズ対応の Kubernetes プラットフォームである Red Hat® OpenShift® 上で実行されるコンテナ化されたソフトウェアです。このようなコンテナは、ハイブリッド クラウド、マルチクラウド、エッジなど、どこにでもデプロイする準備ができています。Red Hat OpenShift は、すべての環境にわたるオーケストレーションを簡素化するための 1 つの制御ポイントを提供します。

IBM は、構成から監視、スケーリング、コンプライアンス、パッチ適用までのソフトウェアのライフサイクルを自動化するコンテナー テンプレートを認証および管理します。セキュリティ強化技術により、一般的な脆弱性さえも発生する可能性が減少します。

次の一歩を踏み出しましょう

IBM の専門家との相談を予約し、文書処理によって特定のビジネス ニーズをどのように推進できるかについて話し合ってください。

Forrester社TEI調査を読む