概要

平均的CDMSの枠を超える

IBM Clinical Developmentは、EDCを中核とする統合型臨床データ管理システム(CDMS)プラットフォームであり、幅広いユーザー・タイプに対応し、フル・サービスならびにセルフサービスの機会を提供します。 中核となるEDCは、データベースを移行することなく、臨床研究を設計、検証、実施し、修正を適用できるように構築されています。

EDCに組み込まれているのは、臨床試験の独自のニーズに合わせて調整できる、フルセットのカスタマイズ可能なモジュールです。

機能

IBM Clinical Developmentの主要な機能

臨床試験の迅速化を支える力

電子臨床アウトカム評価(eCOA)

標準的な報告手法に取って代わり、ユーザーが自らのデバイスから情報を入力できるようにします。

データ統合

マイナー・コーディングによるデータ・コネクターの構築と自動化により、サード・パーティー・ソリューションとの統合を実現します。

報告と分析

優れた意思決定を行えるように、事前に作成されたカスタム・レポートを使用してデータに隠れた洞察を明らかにします。

Watson AIを使用した医療コーディング

AIプログラミングを使用した医療コーディングの検証を迅速化するよう設計されています。

無作為化と治験薬供給管理

1つのインターフェースを使用した最小限のコーディングで、無作為化と治験薬供給のより優れた管理を実現します。

エンドポイントでの判定

1 つのボタンを押すだけで、すべてのエンドポイント詳細情報と原資料から関連資料が作成されます。

次のステップ

予算と時間に応じた機能のオプションを詳しく学ぶ