IBM CICS Online Transmission Time Optimizer
反復的なデータを削除し、3270 データストリームを圧縮
抽象的な幾何学的な三角形
CICS OTTO を使用して 3270 データストリームを最適化

IBM® CICS® Online Transmission Time Optimizer for z/OS® (CICS OTTO) は、3270 データストリームの最適化によってユーザーの生産性を向上させ、ネットワーク使用率を高めることができます。各デバイスタイプで利用可能なすべての順序を最適に使用することで、サポートされているデバイスに送信される文字数を減らします。会話端末の画面レイアウトをメモリに保持し、変更されたデータのみが送信されるようにします。CICS OTTO は、通信回線上のデバイス間、およびローカル・コントローラーに接続されているデバイス間の競合を減らして、応答時間を改善することもできます。

メリット
反復的なデータを削除

反復的なデータを特定して削除し、3270 データストリームを動的に圧縮して、3270 ネットワーク・リソースの使用率を向上させます。

最適化を監視

CICS OTTOの動作を継続的に監視し、必要に応じて進捗レポートを受け取ることで、環境内でのCICS OTTO最適化の効果を確認します。

透明性と可視性の向上

アプリケーションおよびユーザーに対して透過的に CICS OTTO を操作します。運用統計はコンソールに表示または書き込まれ、制御と設定は一時的または永続的に入力できます。

CICS Online Transmission Time Optimizer for z/OS の機能

  • 最適化テクニック
  • 端末とモジュールの除外リスト
  • 端子とモジュールの選択リスト
  • ユーザー出口によるカスタマイズされた制御
  • データストリームエラー表示
  • トレースデータの表示
  • トランザクション ID オプション
  • ヘルプ機能

CICS Online Transmission Time Optimizer for z/OS の機能
最適化テクニック

IBM® CICS® OTTO は、3270 タイプのターミナルおよびプリンター用の反復文字の除去、3270 タイプのターミナル用の変更されたデータのみの送信、3270 SNA Character Set (SCS) プリンター用の空白の除去、3600/4700 タイプのターミナル用の文字列制御バイト (SCB) 圧縮を提供します。


端末とモジュールの除外リスト

除外リストを使用すると、最適化から任意の端末またはモジュールを除外できます。例えば、除外リストを使用して、特定のアプリケーションを実行している端末を除外したり、CICS OTTO の実行中に端末を動的に除外したりできます。


端子とモジュールの選択リスト

選択リストを使用すると、最適化に含める特定の端子またはモジュールを選択できます。例えば、このリストを使用して、インストールが正しいことを確認しながらいくつかの端末またはモジュールを含めたり、CICS OTTO の実行中に端末またはモジュールを動的に含めたりすることができます。


ユーザー出口によるカスタマイズされた制御

この機能により、最適化機能をさらに詳細に制御できるようになります。このユーザー出口は、メッセージが最適化されようとするたびに、また最適化後にも呼び出されます。 ユーザー出口は、以下の目的で使用することができます。戻りコードを使用して最適化を制御することにより、特定のメッセージを未変更で処理します。メッセージの一部を保持し、最適化後にこれらのフィールドを再度挿入します。特定の国または地域の文字を変更します。


データストリームエラー表示

CICS OTTO は、受信データストリームで見つかったか、送信データストリームで見つかったかに関係なく、メッセージの最適化を妨げる可能性のあるエラーを記録し、記録されたエラーの概要を表示できます。エラー統計は、CICS OTTO がシャットダウンされるときに、CICS OTTO の統計ファイル (OTTOSTAT) に自動的に書き込まれます。エラー統計をクリアすると、圧縮エラーの原因とその最適化率への影響にアクセスできます。


トレースデータの表示

CICS OTTO はトレースを作成し、16 MB を超える記憶域に保存できます。各最適化の前後にトレースを作成することができ、エラー判定に役立ちます。通常の CICS OTTO データのみが保存され、CICS OTTO がシャットダウンされるとストレージ内のトレースデータは削除されます。


トランザクション ID オプション

トランザクション ID は、yes または no に設定できます。Yes は、除外リストおよび選択リスト内のモジュール名が CICS トランザクション ID として扱われることを意味します。No は、モジュール名が CICS プログラム名として扱われることを意味します。


ヘルプ機能

すべての CICS OTTO 画面には、PF1 を押すとトリガーされる HELP 機能があります。カーソルが入力フィールドにある場合は、このフィールドの特定のヘルプパネルが表示されます。それ以外の場合は、基礎となる CICS OTTO 画面に関する一般情報を含むパネルが表示されます。


参考情報
IBM CICS Online Transmission Time Optimizer for z/OS, Version 1.2

3270 ネットワークの効率を向上させる方法をご覧ください。

データ・シートを読む
CICS Online Transmission Time Optimizer ユーザーガイド

CICS パネルを使用して、IBM® CICS® Online Transmission Time Optimizer for z/OS® の動作を制御します。

資料はこちら
CICS ツール: ディスカバリー、最適化、およびイネーブルメントによる ROI

Branham Group は IBM CICS Tools の顧客にインタビューし、コスト削減の価値などを発見しました。

資料を読む
興味はありませんか IBM CICS Transaction Server for z/OS

強力な混合言語アプリケーションサーバーにより、開発者はビジネスニーズとそのスキルに最適な言語とツールを使用してアプリケーションを作成したり、モダナイズしたりできます。

CICS Transaction Gateway

モバイルを含むさまざまなクライアントから CICS 資産に接続します。

IBM Personal Communications

ホストデータにアクセスするための Windows ターミナル・エミュレーション・パッケージ。

専門家による成功に役立つ参考情報はこちら
資料

製品の保守および使用方法に関する情報を取得します。

詳細はこちら
サポート

サポート検索を使用して解決策を確認でき、サポート依頼を送信することもできます。

詳細はこちら
リソース・ライブラリー

この製品に関する詳細な情報をご覧ください。

詳細はこちら