ステップ1:IBM Business Automation Workflowでできることを知る

単一プラットフォームでのエンドツーエンドのワークフローの自動化

ビジネス・プロセスやケース・ワークを含めて、ワークフローを自動化すると、生産性を高めて、カスタマー・エクスペリエンスを向上させることができます。ワークフローに単一の自動化プラットフォームを使用すると、ビジネスの規模を迅速に拡大できます。このデモンストレーションでは、IBM Business Automation Workflowがコラボレーションを実現し、コンテンツ管理と統合し、アナリティクスを提供して、エンドツーエンドのワークフローを自動化して最適化する方法を示します。

ステップ2:プロセスおよびケース管理の実際の動作を見る

人間によるアクティビティーと自動化されたアクティビティーのオーケストレーションと順位付け

IBM Automation Platform for Digital BusinessでIBM Business Automation Workflowを使用して、個々のプロセスとエンドツーエンドのケースを管理する方法をご覧ください。このツアーでは、以下の方法がガイドされます。

  • ケースを開いて確認する
  • ID検証の構造化されたプロセスを実行する
  • 非構造化コンテンツを確認する
  • エンドツーエンドのケース履歴を追跡する

ガイド付きツアーを開始する

オーケストレーションを示す産業用コンベヤー

ステップ3:新規プロセスでハンズオン体験をする

複数のモニターを見ている男性

プロセス・アプリケーションの構築と実行

このチュートリアルでは、まったく新しいプロセス・アプリケーションを作成するプロセス開発者の役割を想定します。以下の方法を学習して、主要な機能を探索します。

  • Web Process Designerを使用して、プロセスを最初から構築する
  • ツールキットによって再使用可能なプロセス成果物を使用する
  • プロセスの一部としてビジネス目標とアクティビティーを定義する
  • コーチと再使用可能なコーチ・ビューを使用して、プロセス参加者用のUIを作成する
  • さまざまなユーザー役割を使用してプロセスをテストおよび実行する

チュートリアルを開始する

ステップ4: ケース・ソリューションの実行と拡張

既存のケースの拡張、更新、テスト、および検討

このチュートリアルでは、既存のリテール・バンキングのケース・ソリューションのツアーを提供し、Business Automation Workflowの関連機能を探索できるよう案内します。以下の方法を学習します。

  • 既存のケース・ソリューションを拡張する
  • 役割、タスク、およびケース・タイプを追加および更新する
  • ケース・ソリューションに対する変更を反復テストする
  • ケース履歴を検討する

チュートリアルを開始する

屋外のATMマシンを使う男性

Next Steps

無料評価版(30日間)

仕組みを見る

IBM Business Automation Workflowの補完、強化ツール

自動化を示す回路

IBM Automation Platform for Digital Business

ビジネス・ユーザーがビジネス・オペレーションのすべての側面を迅速かつ大規模に自動化しながら、ビジネスにリアルタイムの洞察を提供するのに役立つ統合プラットフォームです。

画面のRPAツールを見ている人々

IBM Robotic Process Automation with Automation Anywhere

強力な自動化機能でRPAボットをよりスマートで俊敏にして、ビジネス目標を達成するのに役立つようにします。

モバイル・デバイスを持っている手

IBM Operational Decision Manager

ルール・ベースのビジネス上の意思決定を検出、取り込み、分析、自動化、管理するための包括的な意思決定自動化プラットフォームです。