IBMは2019年のガートナー社マジック・クアドラントでインテリジェントBPMスイートのリーダーに選ばれました。

IBMは2019年のガートナー社マジック・クアドラントでインテリジェントBPMスイートのリーダーに選ばれました。 レポートを読む

成功に役立つ機能

ビジネス・ユーザーによるワークフローの管理を実現

ビジネス・ユーザーがワークフローの改善に直接参加できるように支援します。IBM Business Automation Workflowは、ワークフローを簡単に監視、管理、最適化できるように、適切なタイミングで適切な情報をビジネス・ユーザーに提供する設計環境を特長としています。

ガバナンス要件およびコンプライアンス要件の管理の向上

顧客データの保護とデータ保管に関する規制など、情報ライフサイクルのガバナンス要件を達成し、管理するための能力を向上させます。Business Automation Workflowは、プロセスの監視、プロセス参加の追跡、コンプライアンス監査の促進に役立ちます。

俊敏性の向上のために変更を迅速に実装

コンテンツ指向の動的なアプリケーションを迅速に開発、提供します。複数のビジネス・グループ向けにカスタマイズされたソリューションをデプロイするために、既存の要素を別の目的で使用します。再利用可能なテンプレートを使用して、ソリューションのコンプライアンスの管理と監査を簡素化し、複数のビジネス・グループで一貫性を維持します。

より優れたスピードと拡張性を実現

仮想マシン・テクノロジーとコンテナ・テクノロジーを活用し、災害復旧のオプションを提供する、高可用性を備えた実稼働ソリューションを最大限に利用します。開発およびテスト用の1つ以上の環境が用意されたインフラストラクチャーを利用できます。

ワークフロー全体の可視性を実現

洞察と可視性を得ることで、プロセス参加者との連携、企業の変革を支援するための拡張、作業の簡単な優先順位付け、生産性の改善を行うことができます。組み込みの監視と分析の機能を使用して、シミュレーションと過去のベンチマークに対して評価できる比較を通じて、ビジネス・プロセスを最適化します。

パブリック・クラウドからのアクセス

このクラウド・サービスには、パブリック・クラウドから、またはクラウド・ポータルを経由してモバイル・デバイスから接続します。あるいは、別途使用可能な仮想プライベート・ネットワーク(VPN)を使用して接続します。

効率性と一貫性を向上

複数のワークフローとビジネス・グループにわたってプロセスのコンポーネントを再利用することで、効率性、生産性、一貫性を向上します。

製品イメージ

Next Steps

無料評価版(30日間)

仕組みを見る

IBM Business Automation Workflowを補完し、強化するツール

自動化を示唆する回路

IBM Automation Platform for Digital Business

ビジネスに関するリアルタイムの洞察を提供しながら、ビジネス・オペレーションの全局面の迅速かつ大規模な自動化についてビジネス・ユーザーを支援する統合プラットフォームです。

画面でRPAツールを見る人々

IBM Robotic Process Automation with Automation Anywhere

RPAボットを、よりスマートかつ俊敏で、お客様のビジネス目標達成をより適切に支援できるものにする、強力な自動化機能です。

モバイル・デバイスを持つ手

IBM Operational Decision Manager

ルール・ベースのビジネス上の意思決定の発見、取り込み、分析、自動化、管理に役立つ、包括的な意思決定自動化プラットフォームです。